【シャーロックホームズ】2009年のホームズは出演者にも注目!

ミステリー

世界中に多くのファンがいるサー・アーサー・イグナティウス・コナン・ドイルの大人気推理小説「シャーロック・ホームズ」は、世界で最も有名な名探偵物語。

1887年に発表した1作目の長編小説「緋色の研究」から始まり、全部で長編4作・短編56作あるホームズシリーズは、これまでも幾度となく映像化されました。

このたび名探偵ホームズ役にロバート・ダウニー・Jr.、相棒の医師ワトソン役にジュード・ロウを迎え、新たな出演者で新生ホームズの映画が誕生。2009年版【シャーロック・ホームズ】の世界へとご案内いたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【シャーロック・ホームズ】新たな敵が出現するストーリー

たける
たける

シャーロック・ホームズって、読んだことなくても名前くらいは知ってたりするよね。

REON
REON

実は私もシャーロック・ホームズは知ってるけど、全部読んだことはないんだよな。

小説シャーロック・ホームズの何がそんなに世界中の人を魅了したかというと、まず文章の読みやすさが挙げられます。推理小説なので謎解きは徐々に種明かしされていくんですが、回りくどさや小難しさがありません。

さらに読みやすさに加えて人気を集めた理由は、「ホームズとワトソン君」のキャラクター性にあるといっていいかと。まるで冒険するかのように謎を解き、事件を解明していく推理劇は読み始めたら一気に引き込まれること間違いなしです。

原作小説にはないストーリー

数あるシャーロックホームズシリーズのどの作品が今回映画化されたのか、ホームズ好きの方なら気になるところ。

でも今作【シャーロック・ホームズ】は、小説には出てこない新たな敵が出現するホームズっぽいお話なんです。

たける
たける

ホームズっぽい?ってことはバッタもの!?

REON
REON

…聞こえは悪いが、そうとも言えるな。

完全にオリジナルストーリーかというとそうでもないんですけどね。ちゃんと原作に登場する人物も多数出没します。

ただ、原作シリーズ通してあまり出番の多くなかった女詐欺師が、主役級の扱いを受けています。

原作読者の間では人気もあって有名な女詐欺師アイリーン

  • ホームズを出し抜いた数少ない人物のうちの1人
  • 女嫌いなホームズが唯一心を奪われた女性でもある
  • 【シャーロック・ホームズ】劇中ではちょっといい仲として描かれている

原作では、ホームズと女詐欺師の関係には深く触れていないんですが、【シャーロック・ホームズ】劇中では少し妄想を交えて、二人のラブロマンスを匂わせてあります。

たける
たける

なんか今回出てくる女詐欺師って「不二子ちゃ〜ん」って感じだよねー。

REON
REON

…たしかにルパンに出てくる峰不二子っぽいな。

まんまとホームズを手玉に取り、用が済んだら去っていく姿はまさに不二子ちゃん。そう言われると、アクティブに事件に首を突っ込んで、敵に拉致られて助けを求める不二子ちゃんにしか見えなくなってきます(笑)

 

スポンサーリンク

【シャーロック・ホームズ】イメージ一新ホームズ&ワトソン君

引用warnerbros公式サイト

不二子ちゃん似の女詐欺師や原作に出てこない敵キャラが登場するあたりが今作【シャーロック・ホームズ】の見どころのひとつ。

そして最大の見どころは、ホームズもワトソンも、これまでの映像化作品や原作とはイメージが異なる部分じゃないかなと思います。このご両名、思いのほか過激なんです。

ホームズもワトソン君もかなりの武闘派

これまで度々映像化されたホームズは、どちらかというとじっくり落ち着いて事件を推理する英国紳士のイメージがあります。鹿撃ち帽にインパネスコート、パイプを咥えて虫めがねを持って、物静かに推理する感じがしませんか。

原作でのホームズは、冷静沈着・洞察力と推理力が天才的。バイオリンも嗜む紳士ですが、実はボクシングはプロ級・日本武道も習得した武闘派でもあるんです。

たける
たける

けっこうイケイケだよねー。

REON
REON

やり過ぎな気もするがな。

映画【シャーロック・ホームズ】では、初っ端から分析を交えた体系的な攻撃パターンを思い描き、悪者をガツンガツンぶん殴ってます。さらに怪しげな賭け格闘場で拳を振るう過激さも。

ホームズってこんな人だったっけ?って思ったんですが、この辺りはわりと忠実に原作のホームズ像を再現してるようです。より原作に近い雰囲気にはなってるんですが、完全にキャラ変してるのがワトソン君。

たける
たける

原作だとオロオロしてる感じだよね?

REON
REON

なんだかんだで名推理に巻き込まれて、ホームズの引き立て役になってたな。

本来のワトソン君はアフガン戦争に軍医として出征し、戦地で肩だか脚だかに敵の銃弾を受けてちょっと身体に後遺症が残っています。だから杖を持ち歩いている、というキャラ設定。

だかしかし。

【シャーロック・ホームズ】劇中のワトスン君は、杖は持ってるものの、後遺症なんて微塵も感じさせない驚異的な強さで大活躍するんです。

熱き漢ワトソン君

  • 敵は殴るわホームズのことも裏拳で殴るわと、案外攻撃的
  • 杖は剣が仕込んである特注品。鞘から抜いた日本刀ばりに、バッサバッサ敵に斬りかかる
  • さらには容赦なく拳銃もぶっ放す熱血英国紳士

 

たける
たける

…血の気多くない?

REON
REON

見た目は仕立てのいいスーツ着た英国紳士なんだけどね。

どうやらワトソン君は、戦地から生き延びたタフガイだし、血を見るのは日常茶飯事の外科医だし、医者になるほど頭脳明晰だからホームズの引き立て役では終わらない漢ってことになってるんです。

二人とは対照的な強大な敵

そんな過激なホームズとワトソン君が挑む敵キャラもさぞかし過激な武闘派かと思いきや、胡散臭さ満載のダークな頭脳派です。

  • 今作の敵は、魔術めいたものを使って若い女性を次々と殺害する連続殺人犯
  • ホームズとワトソン君によって逮捕され絞首刑になるものの、魔術の力で生き返る

黒魔術の儀式を行い、生贄と称して何人ものうら若き女性が殺害された事件は一旦は解決します。

ところが悪の野望はここで終わらず、蘇って黒魔術で世界をカオスに陥れようとするんです。

そもそも魔術はホンモノなのか。医師であるワトソン君が死亡確認を行ったにも関わらず蘇ったカラクリは?

相棒ワトソン君の汚名挽回のためにも頭脳をフル回転させ、名探偵ホームズが事件解決に果敢に挑む、というのが大まかなあらすじになります。

1890年のロンドンを舞台に難事件を解決【シャーロック・ホームズ】

魔術を使って英国を、さらには世界を牛耳ろうと暗躍する強大な敵にホームズ&ワトソン君が立ち向かう推理劇。

果たして名探偵ホームズは、強大な敵の野望を食い止めることが出来るのか。ワトソン君との友情も描かれた【シャーロック・ホームズ】予告動画はこちら↓

シャーロック・ホームズ (予告編)

 

スポンサーリンク

【シャーロック・ホームズ】人気俳優の共演も話題になった登場人物たち

新たな敵が登場し、どんなストーリーなのかも注目された2009年公開の【シャーロック・ホームズ】

主人公ホームズとワトソン君を演じる俳優陣も大きな注目を集めました。

息の合った演技で観客を魅了したロバート・ダウニー・Jr.とジュード・ロウをはじめとする、主な登場人物をご紹介します。

 

シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr.)

シャーロック・ホームズは、その名を知らぬ者がいないほど超有名な名探偵。一般ピーポーも警察も、英国王室さえも一目を置く人物です。

ちょっとした探し物から難解な事件まで、推理することは大好きですが、それ以外には全く興味がありません。部屋はグチャグチャに散らかってるわ女性嫌いだわ、若干引きこもりのだらしない一面があります。

過去に制作されたホームズ像とはイメージが違うので、さしずめ石坂浩二演じる理知的な金田一耕助が、古谷一行演じるちょっと小汚い金田一耕助になった、という感じですかね。

それくらい印象が異なるシャーロック・ホームズを、ロバート・ダウニー・Jr.が演じたことでも話題になりました。ちょっと小汚くなってもカッコいいロバート・ダウニー・Jr.をお楽しみください(笑)

 

ジョン・ワトソン(ジュード・ロウ)

ジョン・ワトソンは、ホームズと共同生活している外科医。近々結婚するつもりの婚約者がいるんですが、ギャンブルにお金を突っ込む性格なので未だに婚約指輪を贈ってません。

それでもさっさと新居は決めたようで、まもなくホームズとの共同生活も終わる予定。寝食を共にしつつ難事件に挑むのも、これが最後と言わんばかりに今回の事件解決に協力します。

原作ではわりとホームズの尻に敷かれた存在のワトソン君ですが、今作ではグイグイ文句も言いまくる悪友的存在。

ロバート・ダウニーJr.と同様に、ジュード・ロウがワトソン君を演じたことも話題になりました。英国紳士の装いがお似合いなジュード・ロウのワトソン君は、目の保養になるたたずまいです。

 

アイリーン・アドラー(レイチェル・マクアダムス)

アイリーン・アドラーは、一匹狼のごとく単身で盗みや詐欺を行う女性。ホームズの推理の一枚上手をいく天敵ですが、そんなところにホームズは惚れてしまいました。

今作ではある人物を探し出して欲しい、と依頼人としてホームズに接触します。普段は一匹狼のアイリーンですが、ちょっと弱みを握られた大物人物のコマとして立ち振る舞うことに。

ホームズを利用したいのか嵌めたいのか、それとも愛してるのか。謎めいた魔性の女性アイリーンは、原作と違って重要なポジションの登場人物になっています。

 

ヘンリー・ブラックウッド卿(マーク・ストロング)

ヘンリー・ブラックウッド卿は、黒魔術を操る今作のホームズ最大の敵。原作には登場しないオリジナルの悪役です。

連続殺人犯として刑を受け、死亡確認はワトソン君が行い埋葬もされたのに、地中からゾンビのごとく蘇ります。と言ってもゾンビではなく身代わりの術を使ったって感じですかね。

「€$@€£^*※…」と、よくわからない妖しげな呪文を唱え、自分に従わない者をも抹殺する非道で胡散臭さMAXの人物です。

ちなみに魔術面に関しては、オカルティストで儀式魔術師のアレイスター・クロウリーという実在の人物がモデルになっています。

 

…とこの他には原作ファンも納得の、ホームズ&ワトソン君の下宿先の女主人・ハドスン夫人や、ちょいちょいホームズに事件解明の依頼にくるレストレード警部なんかもご登場。

新しさと馴染み深さのどっちも味わえて、誰もが楽しめるキャスティングになってます。

実際ホームズに詳しくない私でも、生き生きとした血の気の多いホームズ&ワトソン君に釘付けになりました。

 

スポンサーリンク

【シャーロック・ホームズ】シャーロキアンの聖地

引用wikipedia

さて、アーサー・コナン・ドイルによって書かれた小説シャーロック・ホームズは、60もの長短編小説があるシリーズもの。どれも細かな描写と作り込まれた謎解きが面白く、シャーロキアンなる熱狂的ファンが世界中にたくさんいます。

舞台となったイギリス・ロンドンには、そんなシャーロキアンがさらに興奮するホームズの聖地もあります。

ということで「REONさんのシャーロキアン巡礼」をお届けします。

実在するシャーロックの世界観

シャーロック・ホームズの拠点があるベイカーストリートは、実際のロンドンでも有名な大通りです。その大通りの221b という住所にあった建物でワトソン医師と共同生活していました。

現在その場所には「シャーロックホームズ博物館」というホームズゆかりの記念館があります。

引用wikipedia  引用google map

1990年1月に、実業家のジョン・アイディアンツはベイカー街239にあった建物を買収し、その年の5月に「シャーロックホームズ博物館」をオープン。以来シャーロキアンもシャーロキアンじゃない観光客も多数訪れる人気の観光名所になりました。

たける
たける

あれ?住所違くない?ベイカー221bじゃなくて239なの?。

REON
REON

あぁ、これは他の作品に出てくるホームズの拠点の表現から考察して、このビルがモデルに違いないって事で市が番地の変更したんだ。

最初の頃に発表されたシャーロックホームズシリーズ作品の一つ「ボヘミアンの醜聞」の中で、ホームズの下宿兼探偵事務所があった建物の階段が17段であることが書いてあります。

そしてベイカー239にあった建物が小説に出てくるビルによく似ており、しかも階段も17段。こ、これは!?ということで、ホームズゆかりの地として認定されました。

たける
たける

そんな細かな描写から建物を割り出して、番地も変えちゃったってすごくない?

REON
REON

さらに認定の証として、ブループラークっていう標識も付けられてるよ。

イギリス国内では、著名人の生家やかつて住んでいた家、歴史的な出来事がここでありましたよ、という場所にブループラークという青い特製住所標識が設置されるんです。

引用wikipedia

本来ブループラークは史実に基づいた地名や番地に配置されるもの。ホームズは架空の人物なのに、実在の人物同様の扱いがされてるんです。さすが世界中で最も有名な名探偵。

そして博物館の中はどうなってるかというと、小説の描写を元にホームズの部屋が再現されてます。

 

ホームズの世界観に合った案内人の方による解説付き「シャーロックホームズ博物館」

The Sherlock Holmes Museum Baker Street (Best video ever)

「シャーロックホームズ博物館」になった建物は1815年に建てられた狭く古い物件で、中を見学するにはけっこう並ばないといけません。

まぁ人さまのお宅にお邪魔するのと同じですからね。大人数で押しかけても入りきらないので、入場制限しながら少人数ごとのご案内だそうです。

私はシャーロキアンじゃないんですが、もしロンドンに旅行に行く機会があったらちょっと立ち寄りたい気もします。

実は日本にもシャーロキアンの聖地が

そうそうロンドンになんて行かないんだけど。そんな方でもホームズっぽさが満喫出来る場所が日本にもあります。

たける
たける

え。日本にそれっぽい巡礼地があるの?

REON
REON

一応ね。神戸にある異人館で、ホームズの世界観を再現してる建物があるんだって。

引用神戸公式観光サイト 引用うろこグループ公式サイト

どこにあるのかというと、兵庫県神戸市北野。国内なので、英語が話せなくても大丈夫なのが良いですね。

明治42年に英国技師によって建てられた英国館は、シャーロックホームズの世界にトリップ出来る場所になっているようです。

アンティークの調度品がノスタルジックな雰囲気を演出し、ホームズの世界観を出来るだけ忠実に再現。さらにこちらではホームズっぽい衣装も無料で貸し出してくれます。

引用うろこグループ公式サイト

この界隈は英国館の他にも異人館がいくつもあるので、古き良きイギリス・ヴィクトリア時代に想いを馳せて散策する楽しみ方もアリですね。

でもせっかくだから、神戸北野の異人館を巡って【シャーロック・ホームズ】の世界観に浸ってみたいかな、なんて思いました。

神戸北野異人館街

  • 新神戸駅(JR新幹線のぞみ)から徒歩10分くらい
  • 三宮駅(阪急神戸線)、神戸三宮駅(阪神本線)、三ノ宮駅(JR神戸線)から徒歩15分くらい

《お問い合わせ》

異人館うろこグループ オペレーションセンター

〒650-0002  兵庫県神戸市中央区北野町3-5-4

TEL.0120-888581

FAX.078-241-5537

参照うろこグループ公式サイト

 

 

スポンサーリンク

【まとめ】

世界的に知名度抜群の架空の人物ホームズ&ワトソン君の活躍は、これまで多くの役者が名探偵の推理劇を演じてきました。

  • 2009年版は、ホームズをロバート・ダウニー・Jr.が、ワトソン君はジュード・ロウが演じた
  • これまでのイメージとはひと味違ったアクション要素もある推理ミステリー
  • 原作ファンにも人気が高い女詐欺師アイリーンが主役級で登場
  • コナン・ドイルの原作にはない敵と対峙する新たなストーリー

ちょっとした伏線があって、観客も謎を推理しながらストーリーが展開する、というわけではありませんが、ほんの些細な物証から次々と類稀なる推理を披露するホームズには圧倒されます。

2009年版【シャーロック・ホームズ】では、さらに武闘派のように闘うホームズ&ワトソン君にも圧倒され、最後までワクワクしながら鑑賞してしまいました。

ロバート・ダウニー・Jr.とジュード・ロウのコンビ続投で、新たなホームズシリーズも制作されてます。次はどんな推理劇を展開してくれるのか、続編も楽しみたいと思います。

 

 

コメント

スポンサーリンク