【ガタカ】名作といっても過言ではない近未来SFヒューマン映画

SF

1997年に、タイトルからはどんな内容なのか全く見当もつかないSF映画が公開されました。

映画の原題は【GATTACA(ガタカ)】

ヒトDNAの基本塩基、Guanine(グアニン)・Adenine(アデニン)・Thymine(チミン)・Cytonine(シトニン)という聞き慣れない、聞いてもよくわからない遺伝子に関する高分子生体物質の頭文字を組み合わせた造語で作ったタイトルです。

そう遠くない未来に起こるかもしれない遺伝子操作による人間の優劣を描いたSFヒューマン映画【ガタカ】の世界へとご案内いたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ガタカ】遺伝子に支配される近未来

たける
たける

生命の誕生って神秘的だよねー。

REON
REON

宇宙の誕生も謎だらけだが、人類の誕生もまだまだ未知の世界だな。

今やどんどん科学も化学も進歩して、あらゆることが解明されつつある時代。生命誕生の謎にせまる人類は、その貪欲な探究心で人体そのものの神秘も解明中です。

少しずつではありますが、個人を形成する全てが詰まったDNAの研究も盛んに行われています。

  • 生物は、それぞれ両親から一つの対になる遺伝子を受け継いで個人のDNAを構成
  • もし受け継ぐ遺伝子の型が異なれば、どちらか一方の遺伝子情報で形成されていく
  • 受け継いで現れる遺伝子を優性、受け継がずに終わる遺伝子を劣性と呼ぶ
  • 日本では2017年から優性=顕性劣性=潜性という表現が用いられている

遺伝子の優性と劣性とは、優れている・劣っているという意味ではなく、その遺伝子情報を受け継いで形として出やすいか出にくいかということ

ちょっと小難しいので、一番簡単な遺伝の例を挙げるとしたら、性別を決める女性染色体XXと男性染色体XYでしょうか。

引用wikipedia

そもそも私は科学と化学の違いもよく分かっていない完全文系なので、こんな中学生レベルでしか遺伝子を理解出来ていないんですが(笑)

DNAは性別のほかにも髪や瞳、肌の色、肥満体質か若ハゲかという外見的要素から、落ち込みやすいか怒りっぽいかなどの精神的要素に至るまで、多くの情報が含まれています。

それら多くの情報は、両親の持つDNAから遺伝して形成されているんです。

DNAによる格差

たける
たける

ねぇ、でも突然変異の遺伝子型もあったりするし、受け継ぐ遺伝子に欠陥がないとも限らないよね。

REON
REON

あぁ。出来れば不毛な型の遺伝子は潜性(劣性)として受け継がないに越したことはないだろうね。

そうした欠陥のある遺伝子が顕性(優性)にならないよう受精卵の段階で排除。

子供には両親から選りすぐった遺伝子だけを人工的に選択して受け継がせる、という時代が到来します。

  • 五体満足で健康に産まれてくれればそれだけで充分というのは昔の話
  • 生命の誕生は遺伝子学者に委ねるのが当たり前
  • 人間の優劣は、外見・人柄・能力・体力ではなく、それら全てを司るDNAで決定

個人の人生は何もかもがDNAで格付けされ、DNAで差別される…そんな近未来の社会を生きる人間模様を描いた映画が【ガタカ】 です。

主人公はエリート中のエリート

物語の舞台は宇宙の神秘を探求する宇宙開発会社、ガタカ航空宇宙局

とりわけ優秀な人材しか雇用されない、狭き門のエリート集団が集う場所です。

  • 遺伝子操作で産まれた者は「適正者」、遺伝子を操作せずに産まれた者は「不適正者」と呼ばれ、「適正者」しか採用されない
  • 「適正者」の中でもさらに優秀なDNAの持ち主であることが採用条件
  • ガタカ航空宇宙局の中でもひときわエリートな人材は、宇宙飛行士として選抜され宇宙に飛び立つ権利が与えられる

両親の優秀な遺伝子のみを受け継いでなお、「適正者」には格差があります。そのさらなるトップだけが集められたこのガタカに、誰よりも優れたDNAを持った青年がおりました。

彼の名はジェローム・モロー

身長は180cm以上と体格にも恵まれた細マッチョ、病気にかかる可能性も極めて低く、推定寿命は…いつ天に召されるか分からないほど長寿が保証されたDNAの持ち主です。

たける
たける

高身長で高収入、おまけにイケメン♪でもなんで長寿って言い切れるの?

REON
REON

劇中ではDNAで病疾患の有無や推定寿命まで、ほんの数秒で解析できるほど科学が発達してるんだよ。

血液や尿を採取し、その検体からあらゆるDNA情報を解析。

そしてどこをどう切り取っても優れた遺伝子しか持ち合わせていない青年ジェロームが、今作【ガタカ】の主人公 です。

エリート中のエリートの彼は、およそ1週間後には土星の第6惑星タイタンへ飛び立つ宇宙飛行士の任務が与えられています。

しかし、誰もが羨むほど優秀なDNAの持ち主のジェロームには、誰にも言えないある大きな秘密がありました。

 

スポンサーリンク

【ガタカ】DNAは運命さえも左右する

映画【ガタカ】劇中では、遺伝子を操作して子供を授かるのが「普通の妊娠」という世界観。

多くの夫婦は遺伝子学者の医者を頼り、こんなことをあれこれ決めてから出産準備を行います。

  • 性別は男の子か女の子か
  • 肥満児にならないようにするか、ハゲる遺伝子は取り除くか
  • 網膜は早い段階で形成が始まるので、近視にならない遺伝子を選択するか
  • 身体的な特徴で不利になり得るものは全部排除いたしましょう
たける
たける

DNAのチョイスがスタバ並みにバリエーション豊富だねー。

REON
REON

…スタバと一緒にするな。

あれこれ選べる組み合わせ。たしかにスタバっぽいっちゃぽいですが、みんながみんなスタバ…もとい遺伝子操作で出産するわけではありません。

中には自然の摂理に則って、神のご加護で子供を授かる「自然分娩」を望むケースもあるんです。

適正者と不適正者の格差

限りなく不毛な遺伝子を排除する遺伝子操作で産まれた人物は、薬物に依存することもなく、攻撃的な性格になることもなく社会への適応力が高いので「適正者」として優遇されます。

一方で自然分娩で産まれた人物は、病気になって薬に頼る場合もあれば、情緒不安定な性格になる可能性を秘めた遺伝子も持っているので、社会性を欠く「不適正者」として冷遇

たける
たける

ちょっと血液や尿を調べればすぐDNAわかっちゃうから、差別激しいんじゃない?

REON
REON

一応差別禁止って法律になってるが、結局は完全なる差別社会だな。

もはや「愛の結晶」などという愛情だけで産まれた子は「出来損ない」の烙印を押され、社会のはみ出し者になる運命しか辿ることができません。

産まれる前、まだ細胞分裂の段階でその子の未来は決まってしまう んです。

にもかかわらず、経済的な理由や両親の信念、無計画な性行為で産まれてくる子も。

全ては両親の判断で人生が決まってしまう中、ある夫婦が「愛の結晶が欲しい」という理由で男児をもうけます。

【自然分娩で誕生した男の子のDNA】

  • 神経疾患60%・躁鬱病42%・注意力欠如89%・心臓疾患99%
  • 早死にの可能性が高く、推定寿命30.2歳

ほんの数秒でここまで細かな遺伝子解析が可能な中、両親の愛の結晶として産まれた男の子の名前はヴィンセント。今作【ガタカ】のもう一人の主人公 です。

産まれた時から病弱で、老い先短いヴィンセント。両親は少しでも彼の人生が豊かになるよう、弟をもうけることにいたしました。

たける
たける

弟くんも自然分娩?

REON
REON

いや、今度は「普通の妊娠」、遺伝子操作して適正者の子を授かることにした。

不安要素となる不毛な遺伝子を全て取っ払って産まれた弟くんは、父・アントニオの愛称から名前をもらってアントンと名付けられます。

不適正者の兄ヴィンセントと、適正者の弟アントン。同じ両親から産まれても、二人にはいくつもの違いがあります。

  • ヴィンセントは超がつくほどド近眼、アントンは視力良好
  • アントンは8歳にして兄ヴィンセントの身長を追い抜き、順調に成長
  • 心疾患の可能性が高いヴィンセントは体力面ではアントンにボロ負け

兄弟間で決して差別はありませんが、能力の差は広がるばかり。それでも勉強好きで宇宙への憧れを持つヴィンセントは、知力面ではアントンに負けない優秀さがあります。

兄弟それぞれに良さがある青年に成長しますが、二人には決定的な違いが。

それは産まれ落ちたこの世界で最も重要視されること。「適正者」か「不適正者」か、という違いです。

たける
たける

不適正者って、どんなに優秀でも社会のはみ出し者扱いなの?

REON
REON

そう。優秀かどうかよりDNA。何を差し置いてもDNAが重要視されるんだ。

適正者のアントンは好きな仕事、なりたい職業も採用条件と合致すれば就職するのも簡単です。

しかしヴィンセントはどんなに望んでも大好きな宇宙に携わる宇宙飛行士どころか、ごく一般的な会社への就職も出来ません。

どの会社も怪しげな人材は尿検査でDNAを調べ、適正者なら採用という面接なんです。

  • 両親はヴィンセントの優秀さは認めている
  • でも宇宙飛行士は適正者しか採用されない
  • 夢を見続けるヴィンセントに、諦めろと毎日小言ばかり

どうしても宇宙への夢を諦めきれないヴィンセントは、このまま家に居ても運命は変わらない、と自立することにいたしました。

挫折と希望

夢を追い求めて自立したはいいものの、社会の厳しさは半端ありません。ただ「不適正者」というだけで、ヴィンセントの働ける場所はビルの清掃員という仕事しかありませんでした。

たける
たける

「不適正者」はみんなそうなの?

REON
REON

だな。住むところすら貸してもらえない「不適正者」もいるから、ヴィンセントはマシなほうだ。

現実の厳しさを痛感しながらも、宇宙への憧れ・夢を諦めきれないヴィンセントは時間があれば身体を鍛え、ビル清掃員の仕事をコツコツ真面目にこなす毎日。

そしてある日、清掃員としてガタカ航空宇宙局に足を踏み入れる機会が訪れます。

  • 夢にまで見たガタカ社内を清掃するうちに、宇宙への憧れが余計に強くなった
  • 実は「適正者」のDNAを売買する闇ブローカーがいることを知る
  • 優秀な「適正者」と契約して、ガタカ社員になることを決意
たける
たける

え。「適正者」のDNAの売買なんてあるの!?

REON
REON

エリートにはエリートなりの苦悩があるってことだ。

お金持ち全員が手放しで幸せな生活を送っているかというと、そうでもない場合もありますよね。お金も大事だが愛が欲しいとか、資産を上手く活用出来なくて破産したり。

映画【ガタカ】の「適正者」も、あらゆる幸せが手に入りそうな立場ですが、不遇に見舞われたり挫折を味わう人々もいます。

  • 誰よりも優秀なDNAを持った水泳選手がいた
  • 誰よりも優秀なのに、大会で金メダルではなく銀メダルを獲得し挫折を味わう
  • 事故に遭い、二度と金メダルを目指せなくなった

贅沢な悩みといってしまえばそれまでですが、上を目指す者には上を目指す者なりの挫折と苦悩があります。

それに事故に遭う確立まではDNAを解析してもわかりません。不遇に見舞われ生きることが困難になった「適正者」は、自身の生活のためにDNAを闇ブローカーで売買することもあるんです。

たける
たける

…もしかして、最初に出てきたジェロームって。

REON
REON

そう。実はジェロームとDNA取り引きをしたヴィンセントだ。

闇ブローカーは、入れ替わってもそう簡単にはバレない外見の者同士を引き合わせる仕事。

よく見なくてもジェロームとヴィンセントは似てませんが、なんせ映画【ガタカ】の世界観は外見や人柄よりもDNAがモノを言う社会です。

優秀だけど「不適正者」のヴィンセントは、優秀だったけど事故で下半身不随の「適正者」ジェロームと契約し、ジェローム・モローとしてガタカ航空宇宙局に見事採用されました。

運命を変えるため、エリート社会へ

こうして「適正者」ジェロームになりすました「不適正者」ヴィンセントですが、なりすますのは簡単なことではありません。

  • ガタカ航空宇宙局社屋への入館は、その都度指先から採取された血液でDNAを解析
  • 定期的に尿検査でDNAを解析
  • 明晰な頭脳も強靭な体力も要求される

本物のジェローム・ユージーン・モローに血液や尿サンプルを提供してもらい、ヴィンセントの痕跡を残さないよう体毛や垢の手入れも丹念に行ってDNAの生体確認をクリア。

さらにジェローム・ユージーン・モローのDNAに見合う能力であり続けるため、自分の夢を叶えるために、血の滲む努力で運命を切り開いていくんです。

たける
たける

細胞分裂の段階で運命がほぼ決まっちゃう世の中なのに…。

REON
REON

夢を諦めず希望を持ち続けて努力すれば、運命も変えられるってことだ。

自分の境遇を世の中のせいにせず、ひたすら宇宙飛行士を目指すヴィンセント。自分の才能を活かしきれず挫折し腐りかけていたジェローム。

二人は共同生活を営みながら互いを尊重し、いつしか本物のジェロームもヴィンセントの夢を叶えたいという夢を抱きます。

しかし完全なるDNAが支配する世界はそう甘くありません。

  • ジェローム(ヴィンセント)が実は身分を詐称しているんじゃないかと疑う者が
  • 疑いの目を向けていたのはジェローム(ヴィンセント)の直属の上司
  • 上司はガタカ航空宇宙局内で撲殺体となって発見
  • 現場に「不適正者」のまつ毛

こんな殺人事件にも巻き込まれ、物語は大きく動きはじめます。

次第に周囲の人々の想いにも支えられ、ジェローム(ヴィンセント)はDNA解析では語りつくせない夢と希望と努力を盾に、運命を切り開いていく…というのが序盤のあらすじになります。

 

なにもかもが操作されたDNAで決定される格差社会を描いた映画【ガタカ】

近い将来、人類はありとあらゆる人体情報を持ったDNAを操作し、全てがDNAで管理される時代がやってくる…

遺伝子操作して産まれた「適正者」、自然の摂理に則って産まれた「不適正者」との間には、埋めきれない格差が生じていきます。

夢も希望も捨て、これが人生、と諦めずに努力すれば運命はきっと変わる。

今、生きることが辛くなり、前向きなひたむきさを見失った人々に勇気を与えてくれる予告動画はこちら↓

Gattaca – Trailer

Amazonプライムビデオでレンタルして観る

 

スポンサーリンク

【ガタカ】世知辛すぎる世の中を生きる登場人物たち

人生楽ありゃ苦もあるさ。

どうあがいても覆すことが出来ないDNA管理社会で、誰もが「こんな私に誰がした」と腐ることなく運命を受け入れています。

そんな中でもただひたすらに夢を追い、努力し続けた主人公を中心に登場人物たちをご紹介いたします。

 

ヴィンセント・アントン・フリーマン(イーサン・ホーク)

ヴィンセント「不適正者」として生まれながらも宇宙飛行士の夢を追い続けた青年

心臓疾患の確率が高いにも関わらずみっちり身体を鍛え、たゆまぬ努力でほぼ確定している己の運命を変えていきます。

己の信念を曲げることなく突き進むヴィンセントを、イーサン・ホークがまっすぐ強い眼差しで演じています。

 

ジェローム・ユージーン・モロー(ジュード・ロウ)

ジェロームかなり優秀なDNAの持ち主。挫折を味わい生きる気力も失いかけていましたが、ヴィンセントにDNAを提供するようになってから少しづつ変わっていきます。

ヴィンセントがジェロームとして社会に溶け込まなければならないので、呼び名が紛らわしくならぬようミドルネームのユージーンとして登場

車椅子が不可欠な障害を抱え、それでも次第に新たな夢を抱き始めたユージーンを、若かりし頃のジュード・ロウが体当たりの演技で演じています。

 

アイリーン・カッシーニ(ユマ・サーマン)

アイリーンヴィンセントの同僚。ガタカ航空宇宙局の局員である「適正者」の女性です。

遺伝子操作で適正者として産まれたけれど少し心臓に欠陥があり、適正者であってもさらに優劣があることを表す存在。

日々打ち上げられるシャトルを頻繁に眺めるほど宇宙飛行士に憧れを持っていますが、身体的欠陥を理由に自身の可能性に限界を設けてしまっています。

ジェローム(ヴィンセント)に好意を持ち、愛を持って接する素敵な女性をユア・サーマンが凛々しく演じています。

 

アントン・フリーマン(ローレン・ディーン)

アントンヴィンセントの弟。自然分娩で産まれたヴィンセントと違って、「普通の妊娠」である遺伝子操作受精法でこの世に生を受けた「適正者」です。

出生の違いを気にすることなく兄を慕う出来の良い弟であり、大人になっても兄を案ずるアントンをローレン・ディーンが優しい表情を交えながら演じています。

 

レイマー医師(ザンダー・バークレー)

レイマー医師は、ガタカ航空宇宙局で身分鑑定を行う医師。DNAが何より重要視されていることを証明する立場におりますが、実は「不適正者」の息子がいます。

まもなく宇宙へ飛び立つジェローム(ヴィンセント)に対し、クールで無表情ながらも温かくサポートしてくれるレイマー医師を、ザンダー・バークレーが印象的な存在感を放ちながら演じています。

 

…と映画【ガタカ】のストーリーの中で特に目立つ登場人物はこんな感じです。

この他に、ジェローム(ヴィンセント)の上司やタイタン探査ロケット打ち上げの責任者である局長、清掃員時代の同僚のお爺ちゃん、殺人事件を追ってジェローム(ヴィンセント)に容疑をかける刑事なども登場。

魅力的なストーリーや人物像につい引き込まれ、SFというのも忘れて共感したり感情移入してしまうので、名作といってもいい作品じゃないかなと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

今作【ガタカ】は近未来SF作品ですが妙な未来感はなく、無機質でモダンな映像がストーリーを上質なものにしています。

  • 人類の誕生は神の手による神秘ではなく、遺伝子学者の手による科学の結晶
  • 遺伝子操作をするか否かで決まる人生
  • あらゆるものは遺伝子に左右されるが、運命だけは遺伝しない

DNAですべてが決まるという世界観に込められているのは管理社会の懸念ではなく、人類の可能性。

世の中がこうだから、運命だからと諦めるのは自分の可能性に制限をつけてるってことだよ、と言われてる気がしてしまいました。

「たとえどんなに困難でも頑張ればきっと夢は叶う」

こんな王道ストーリーなので真新しさはありません。

が、確固たる科学的な個人情報DNAを根底に置く事で、いっそう努力という人間くささが際立ち、心に響くストーリーへと変貌しています。

さらに映像でもうまくDNAを絡ませていて、心だけでなく目に響く演出も。

ヴィンセントとジェロームが住む部屋には螺旋階段があるんですが、見る角度によって螺旋状のDNAの形になっていて、今作のテーマを存分に閉じ込めた映像の面白さもあります。

映画【ガタカ】は、頑張ることに疲れて凹みそうになった時、勇気をもらえる作品だなと思いました。

 

 

 

コメント