映画【武器人間】のクリーチャーは?登場順にあれこれピックアップ

雑学

ぶーきーにーんーげーんーー!

武器と人間をくっつけちゃった、とんでもなくクレイジーなB級映画【武器人間】

ストーリーも面白いんですが、1番の魅力は登場クリーチャーの合体デザインです。

…ということで、分かる範囲でピックアップした「武器人間 クリーチャー図鑑」をお届けします。

 

 

スポンサーリンク

映画【武器人間】クリーチャーデザイナーはこのお方

映画【武器人間】に出てくるクリーチャーたちは、どれもすんごい斬新デザイン。

これらを手掛けたのは、監督であるリチャード・ラーフォースト氏 です。

武器人間を構想するにあたり、監督が特に思い入れた点は2つ。

  • 奇抜で斬新で金属工業的なイメージ
  • CGを使わず人が特殊スーツを着て演じられる動きやすさ

リチャード監督のこだわりと、愛を感じる武器人間クリーチャーを一気にどうぞ。

 

スポンサーリンク

映画【武器人間】クリーチャー図鑑

ケロイダー

武器人間

英名BURNT MATCH MAN
和名ケロイダー
タイプ近距離型・不意打ち攻撃タイプ
特徴
  • 武器人間の試作品
  • ほぼ人の原型をとどめたデザイン
  • 全身に皮膚移植の縫合痕が痛々しい
  • 武器は両手の刃

 

ケロイダーは、劇中で1番最初に登場する武器人間。

教会でサシャが発電機を稼働し、通電して起動した裸体のゾンビです。

動き始めにナチスへの敬礼をすることから、元はドイツ兵かと思われます。

 

【得意技】

  • ヤイバで腹を切り裂き、ハサミっぽいほうの手で内臓を引きずり出す

 

劇中では、偵察隊の指揮官ノビコフ軍曹が腸べろ〜ん…と犠牲に。

目が見えないので、迂闊に近付かなければヤラレる確率が激減…するかも。

 

ウォールゾンビ

武器人間

英名WALL ZONBIE
和名ウォールゾンビ
タイプ鈍行型・力任せタイプ
特徴
  • ほぼ人の原型をとどめたデザイン
  • 体格の良い男性の両腕を草刈り鎌にアレンジ
  • 巨漢だがパワーは弱めで動きが鈍い
  • 攻撃力より耐久性重視の仕様

 

ウォールゾンビは、地下の古い坑道の横路からガーーッと登場した武器人間。

狭い通路を窮屈そうに移動し、壁に鎌をキンキンぶつけながら偵察隊を襲撃しています。

 

【得意技】

  • 草刈り鎌で、首チョンパ

 

移動速度が遅く、鎌が届く範囲が限られるので、走れば逃げ切ることが可能です。

改良派生型もあり、刃の代わりに手がハンマーだったりカニ鋏だったりというバージョンも。

その他に、おそらく屍体搬送などの運搬業務についてる雑用型も、ウォールゾンビの改良派生型かと思います。

いずれにせよ、動きの鈍さまでは改良出来ていないので、走れば逃げ切れます(←多分)

 

モスキート

武器人間

英名MOSQUITO
和名モスキート
タイプ俊足型・グッドデザインNo.1タイプ
特徴
  • 上半身だけ人型のクールデザイン
  • 手足に長い鉄クズ使用で高身長
  • 防毒マスク+ドリルのお顔立ち
  • 右腕は刃・左腕はドリルの異種武器装備
  • 細身で脆そうだがかなり強靭

 

モスキートは、DVDジャケにも使用された広告塔的な武器人間。

劇中でも地下炭道で・教会でと、数度にわたり出演しています。

竹馬に乗ってる感じだから足を引っかければ倒せそうですが、バランス感覚が良いようです。

 

【得意技】

  • 長い手足で俊敏に追い詰め、口のドリルで熱烈キッス
  • 串刺し貫通ならお手の物

 

偵察隊で唯一のロン毛MEN’S兵士アレクセイが、後頭部から貫通攻撃を喰らって犠牲に。

武器人間の弱点はもれなく頭部、脳吹き飛ばしですが、防毒マスクヘルメットでがっちりガード。

手榴弾が有効のようです。

 

レザーティース

武器人間

英名RAZOR TEETH
和名レイザーティース
タイプ超近距離型・忍びタイプ
特徴
  • 全身鎧の人型デザイン
  • 武器はヘルメットの鋭利な縦の歯型

 

レイザーティースは、地下炭道の少し広い場所でいきなり現れた武器人間。

全身鎧なのに抜き足差し足で近寄り、偵察隊のイヴァンがヘルメットごと挟まれて犠牲になりました。

 

【得意技】

  • そっと近寄り、3本指アームで敵をキャッチ
  • 左右に開く顔面ヘルメットのギザギザ歯型で、頭部をくるみ割り

 

頭のてっぺんからつま先まで。

がっつり鎧武装しているので、銃もナイフも通用しません。

ただ、顔面ヘルメットの歯型は唯一の武器であり弱点でもあります。

開いたときに頭部を狙撃、もしくは手榴弾が確実な撃退法です。

 

マイン・ハイック

武器人間

英名DRAGGER
和名マイン・ハイック
タイプ無気力型・待ち人求むタイプ
特徴
  • 上半身のみのコンパクトデザイン
  • 移動は常に匍匐前進
  • 武器は頭部の機雷のみ
  • よく見るとボルト穴が顔
  • さらによく見ると血の涙付き

 

マイン・ハイックは、地下炭道で這いずり回っていた武器人間。

機雷のトゲトゲにさえ触れなければ、全く問題ない控えめな存在です。

 

【得意技】

  • 機雷だけど、待つのはキライじゃない
  • 触れたら共倒れの大爆発

 

生ぬるい眼差しでそっと見守り、避けて通れば無問題。

むしろその健気な姿に哀愁すら感じます。

 

プロペラヘッド

武器人間

英名PROPELLOR HEAD
和名プロペラヘッド
タイプ猪突猛進型・後ろは振り向かないタイプ
特徴
  • 頭部だけ改造された人型デザイン
  • 戦闘機の先端…の予定がほほ扇風機
  • 武器は顔面のプロペラ

 

プロペラヘッドは、地下炭鉱の少し広い空間で突進してきた武器人間。

プロペラの破壊力を過信し、後ろがガラ空き・隙だらけという弱点があります。

 

【得意技】

  • 顔のデカさとオラオラな態度
  • プロペラ高速回転で人肉ミンチ

 

前にいる敵しかミンチに出来ないため、誰かが囮になれば簡単に撃退が可能です。

気をそらし、背後に回って配線カットで焼死する作りになっています。

 

オペンハイマー

武器人間

英名DENTIST MEDIC
和名オペンハイマー
タイプ医療従事型・名医タイプ
特徴
  • 人型だけど4本腕デザイン
  • 戦闘兵器ではなく、博士の助手
  • 4本アームにはメスやら鉗子やらがゴッソリ
  • 常に救急箱も背負ってる

 

オペンハイマーは、地下にある博士の研究所で武器人間を作っている武器人間。

というか、博士よりも量産している執刀医です。

 

【得意技】

  • 改造手術。以上

 

和名オペンハイマーからは気づきませんが、英名をみるとDENTISTなので元歯科医かと。

それでも改造手術の腕は確かなようで、実質の現場監督とも言えます。

博士からはゴッドハンドならぬ『デビルハンド』と呼ばれ、絶大な信用があります。

 

マミィー・エヴァ

武器人間

英名EVA
和名マミィー・エヴァ
タイプ医療従事型・尽くすタイプ
特徴
  • 完全人型のモードデザイン
  • 武器人間界では珍しい女性形態
  • 博士およびオペンハイマーの助手
  • 両腕はカートリッジ式
  • 白衣の天使のようなファッショニスタ

 

エヴァは、偵察隊に見つかって殺されたドイツ人看護師が元の武器人間。

小汚い武器人間ばかりではムサ苦しいんですが、目の保養になる…かもしれない紅一点です。

 

【得意技】

  • 開頭手術から研究所整理まで。医療サポートならお任せあれ
  • あとは…偵察隊イジり

 

エヴァは特にファッションが素敵。

薄汚れた白衣と血に染まった包帯の衣装と、独特の髪型がオシャレです。

 

ポッド

武器人間

英名POD
和名ポッド
タイプ雑用型・癒しタイプ
特徴
  • もはや人とは言えないデザイン
  • 博士がお戯れで調理ナベで製作
  • 武器人間の中でも小型
  • 用途的にはゴミ箱

 

ポッドは、博士の研究所でちょこまかと雑用をこなす武器人間。

残念ながら、「武器」とも「人間」とも言えない出で立ちです。

 

【得意技】

  • ウロつく
  • エヴァが来てから、エヴァのアイテムボックスに昇格

 

本当にガラクタを寄せ集めただけのビジュアルですが、ちょこまかウロつく姿がたまりません。

ずっと見てると、スターウォーズのR2-D2っぽくも見えてきます。

 

ハンマーヘッド

武器人間

英名HAMMER HEAD
和名ハンマーヘッド
タイプ最新型・初心にかえるタイプ
特徴
  • 変形頭部の人型デザイン
  • 博士の最新作にして最終作
  • 鉄アイテムの元祖・ハンマーが武器
  • シュモク鮫似

 

ハンマーヘッドは、記録映像で博士が自慢げに紹介する武器人間。

まだ完成したばかりで兵器実績はありません。

 

【得意技】

  • 博士とのツーショット
  • ハンマーヘッドを活かしたヘディング攻撃(←予想)

 

劇中、ハンマーヘッドの出番はエンディング間近のみ。

活躍することなく終わる、エキストラのような存在です。

 

…ということで、奇抜なメカクリーチャーが登場する映画【武器人間】クリーチャー図鑑 をお届けしました。

グッドデザインな武器人間の名前や特徴を押さえる参考になれば、恐悦至極にございます。

 

マッドでクレイジーでジャンクな本編のあらすじについてはこちら↓

【武器人間】あらすじもビジュアルも予告もエグいB級ホラー映画
世の中には、足を踏み入れてはならない領域があります。 たとえばこの世を去った人間を蘇らせるとか、人体で実験しちゃうとか。 あまりにもぶっ飛んだ設定。 あまりにもクレイジーなキャラ。 そして、あまりにも強烈な予告動画。...

 

 

コメント