S・キング小説ITはここから生まれた!?『3匹のやぎのがらがらどん』

雑学

過去に1度TV映画化され、新たに2部作品の劇場映画化もされたS・キングの長編ホラー小説『IT』

実は有名な読み聞かせ民話から着想して作られた物語です。

ということで、「REONさんのS・キングのインスピレーションは∞」をお届けします。

 

スポンサーリンク

S・キングの小説『IT』の着想はここから

数々の大ヒット作を生み出しているアメリカのモダンホラー小説家スティーブン・キング

全部は読んだことないんですが、読書好き・ホラーやサスペンス好きの私はいくつか彼の小説を読んだことがあります。

中でも最近ようやく読み始めたのが、文庫本で4巻にもわたる『IT』

たける
たける

劇場版映画で話題だもんねー。

REON
REON

…映画のペニーワイズ怖すぎだがな(汗)

子供にしか見えない恐怖の象徴・ピエロ姿の"それ"

ノルウェーの民話『3匹のやぎのがらがらどん』からインスピレーションを受けて生まれた そうなんですが…

はてさて元となった民話はどんなお話なのか、ちょこっとかいつまんでお話しいたしましょう。

『3匹のやぎのがらがらどん』はこんなお話

とある草原に、3匹のヤギが住んでおりました。

1匹はまだほんのり鼻先がピンク色の幼い子ヤギ。もう1匹は少し身体も大きくなり、ツノも生え始めた思春期のヤギ

そしてもう1匹は、立派なツノに顎ヒゲのような毛も生えた、大きくてたくましいアダルトなヤギ

どのヤギも名前は同じ「がらがらどん」です。

たける
たける

がら(小)・がら(中)・どん(大)かと思った。

REON
REON

どのヤギも同じ名前って…紛らわしいな。

そんな、呼んだら一斉に振り返っちゃうであろう3匹のがらがらどんは、ある日こんな会話を交わします。

がらがらどん(小)『お腹空きましたねー』

がらがらどん(中)『この辺の草って食べ応えないしなー』

がらがらどん(大)『よっしゃ。あの丘の向こうの美味しい草食べに行くぞ』

こうして3匹のがらがらどんは、美味しい草を食べて太るため、ちょっとお出掛けすることに。

ところが目指す草場に辿り着くには、途中で小さなボロい木の橋を渡らなければなりません

がらがらどん(大)『この橋を渡れば、美味しい草が待ってるぞ』

がらがらどん(中)『でもみんなで渡ったら橋が壊れちゃいそうなんだけど…』

がらがらどん(小)『じゃぁ1匹ずつ渡りましょう。まずは1番小さなボクから行きますね』

橋はカタコト、カタコト。小さな音を鳴らしながら揺れ、がらがらどん(小)が渡り始めます。

…するとそこに、なんとも恐ろしく低音ボイス、しかも臭そうな怪物の影が。

実はこの橋の下には、大きくて醜いトロルが住んでいたのです。

魔物トロルと遭遇その①

棲家の頭上の木の橋から、カタコト音がしてやかましいと思ったトロル。

誰かがオレ様の縄張りに入ってきた(怒)と、大きな声で怒鳴ります。

トロル『だー💢。うるさい!だれじゃワシの橋を鳴らすんは!!』

がらがらどん(小)『ひっ(涙目)ボクです。小さなヤギのがらがらどんです…』

たける
たける

うぉっ!?いきなりビックリさせないでよー。

REON
REON

まさか橋の下、足元から怒鳴られるとは思わないもんな。

小さなヤギのがらがらどんは、か細い声で名前を名乗り、太るために丘の向こうの草場に行くことを伝えます。

トロル『あ”?丘の向こう?お前さんは今ここで、ワシに喰われるから辿りつけんさ。ガハハッ』

がらがらどん(小)『…でもこのあと、ボクより大きくて食べごたえあるヤギが来ますよ…』

どう見ても自分より大きな身体、大きな牙を持ったトロル。

がらがらどん(小)は、ひと飲みされそうな怖い怪物に怯えながら、後から渡る予定のヤギの存在を明かします。

たける
たける

がらがらどん(小)が仲間を売った(笑)

REON
REON

おかげで食い意地張ってるトロルに見逃してもらうんだよな。

トロル『うん?そうなのか?じゃぁ…行ってヨシ!』

こうして、がらがらどん(小)は無事に橋を渡りきり、トロルは次に来るらしいヤギの出番を待つことにいたしました。

魔物トロルと遭遇その②

がらがらどん(小)の次に橋を渡ったのは、がらがらどん(中)です。

さっきよりも橋は軋み、ギシギシ、ゆらゆら。またしてもトロルの頭上からは耳障りな音が。

トロル『さっきのヤギの言う通り、また誰か来たな。今度は誰だ!』

がらがらどん(中)『わっ!?なに、え?オレ?がらがらどん(中)さ』

がらがらどん(小)よりも多少は肝がすわっている、がらがらどん(中)。

それでもやっぱりいきなり大きな声で呼び止められて、ちょっとビックリしてしまいます。

たける
たける

がらがらどん(小)の一件は見てなかったのかぃ。

REON
REON

どうなんだろうね。でも分かってても大きな怒声って驚くじゃん。

トロル『おー。なかなか喰いごたえありそうなヤギだな。どれ、ひと飲みしてくれよう』

がらがらどん(中)『あー…。えーっと、このあともっと大きくて立派なヤギが通るよ』

……またしても仲間を売ったヤギ登場(笑)

これを聞いた怪物トロルは、さらに大きいのが来るのかと、今度もヤギを見逃すことに。

トロル『おぉ。そうかそうか♪じゃぁ…行ってヨシ!』

こうして2匹めのヤギのがらがらどん(中)も、無事に橋を渡りきることに成功いたしました。

魔物トロルと遭遇その③

がらがらどん(小)・がらがらどん(中)に続き、最後に橋を渡ることになったのは、1番大きなヤギのがらがらどん(大)です。

硬い蹄でガタガタ、ゴトゴト。橋を大きく揺らしながら渡り始めます。

トロル『よしキターー。大きな獲物♪大きな音でワシの橋を通るのは誰…え?』

がらがらどん(大)『我、1番大きなヤギのがらがらどんである!』

たける
たける

巨漢の怪物トロルが(笑)

REON
REON

がらがらどん(大)が予想以上に大きくて、しかもごっついツノ生えてるからびびったらしい。

前に見逃したヤギたちの言う通り、確かにもっと大きなヤギ参上。

あ…れ?これ勝てるかな…とトロルはちょっと気弱になるものの、大きな声でこう叫びます。

トロル『食いごたえ抜群そうだな。キサマなんぞガブリと喰ってやる!』

がらがらどん(大)『我こそお前を切り刻もうぞ。立派なツノで目を串刺しに、硬い蹄でその肉も骨もバラバラにな!!』

そう言って、がらがらどん(大)は勇ましく飛びかかり、宣言通りにトロルを木っ端微塵に撃破します。

「次にもっと大きいのが…」というヤギの意見を素直に聞いて、案外優しく見逃していたトロル。

喰い意地張ったおかげであえなくお陀仏となりました。

そうして無事に橋を渡りきった3匹は目的の草場へ。もう動けないくらいたらふく美味しい草を食い散らかし、丸々太っていつもの草原に帰っていきましたとさ。

おしまい。

 

スポンサーリンク

S・キング恐るべし

さて、読み聞かせるにはなかなか残虐・ホラーな結末だった『3匹のやぎのがらがらどん』

果たしてこの民話、どうS・キングの脳内で"IT"に変換されたんでしょう。

たける
たける

全っ然お話違うんだけど。

REON
REON

まぁ、このお話がモチーフっていうより、S・キングの発想力の賜物だからな。

…そこには実体験からふと思いついた 、というこんな逸話があります。

  • 1978年ごろ、S・キングはコロラドに住んでいた
  • ある日お出掛け中に車が故障。徒歩で帰宅することに
  • 帰路の途中に古い木の橋が
  • 『3匹のやぎのがらがらどん(The Three Billy Goast Gruff)』のお話を不意に思い出した
  • 怪物トロルが出て来るんじゃないかと妄想。その怖さを新たなネタにと思いつく
  • 橋…橋の下に棲む怪物。橋なんて普段あまり見ないしなーと思案
  • 都市の下に怪物が棲むとしたら…下水道か!と思い付く
  • ヤギはみんな同じ名前だし、小さなヤギは子供、大きなヤギは大人かな、と構想
  • ってことで、成長して怖さを克服する物語に

参照スティーブン・キング公式サイト

たける
たける

…これまたほんと凄い想像力だねー。

REON
REON

…で、トロル=殺人ピエロってことか。インスピレーション半端ないな。

そして誕生したのが、1986年に発表したされた長編小説『IT』ということに。

こういうエピソードを聞くと、なんとなく繋がりも分かるっちゃ分かる気がいたします。

言われてみれば「あー…」ってところでしょうか。

「IT」と「がらがらどん」に共通する教訓

そもそも童話や民話には、ちょっぴり教えが込められています。

『3匹のやぎのがらがらどん』は、見方によっては仲間を売った非道なお話にも取れますが、教訓としてはこんな感じ。

今は無理なら、出来る立場になってからやればいい

たける
たける

仲間を売ったんじゃなくて…。

REON
REON

「がらがらどん」って同じ名前は、同じ存在を表してたんだな。

さらに橋を渡る行為は人生の歩み、あとのヤギへ押し付けたのは最善の時を待つための行動、さらにトロルをバラバラに打ち砕いたのは、完全に克服したことを表しています。

そしてS・キングも長編小説『IT』も、ちゃんと『3匹のやぎのがらがらどん』の教えを込めてホラー小説に仕上がっているんです。

  • 身体が小さいうちは、弱くて敵わない→今は無理せず逃げるが勝ち
  • 大きくなれば力も付き、さらに知恵もつく→むかし出来なかったことも出来るようになる
たける
たける

だから小説『IT』には、子供時代と大人時代のストーリーがあるんだ。

REON
REON

深追いせず、大人になって再び集結して克服…っていう辺りは、民話の教訓に通づると思わない?

…ということで、巷を賑わす殺人ピエロ・ペニーワイズの物語誕生秘話をお届けしました。

短く単純な民話から、あんな壮大な物語を紡ぎ出すとは。

さすがホラー小説の巨匠。S・キング恐るべし。

長編小説『IT』の映像作品【IT"それ"が見えたら、終わり。】の大まかなあらすじ・キャストについてはこちらをどうぞ↓

【IT/"それ"が見えたら、終わり。】2017年のホラー映画
人は誰しも不安を抱えて生きています。 その不安から生じる恐怖、見えないものへの怯えと葛藤。 "それ"と呼ぶしかない心理が具現化し、ピエロとなって襲いかかるS・キング原作ホラー映画【IT/"それ"が見えたら、終わり。】の世界へとご...

劇場版以前に制作された1990年TV映画版との違いも解説しています↓

映画【IT】どっちが怖い?1990年版と2017年版の違いはココ
S・キングの小説『IT』は、文庫本にして4冊にも渡る長編ホラー作品。 1990年にはTV映画【IT】として制作され、その後2017年には【IT/"それ"が見えたら、終わり。】という長ったらしいタイトルの劇場映画としても制作されました。...

 

 

コメント