【告白】あらすじと考察レビュー/とことんイヤミス・松たか子劇場

考察レビュー

誰も救われず、報われない結末へ。

淡々と物静かにストーリーは進むのに、つい固唾を飲んでのめり込んでしまうイヤなミステリー。

「イヤミスの女王」と呼ばれる作家・湊かなえ原作、松たか子主演の映画【告白】の考察感想レビューをお届けします。

 

この記事でわかること

  • 映画【告白】の名シーンを手描き4コマで再現
  • 映画【告白】のあらすじ概要・予告動画
  • 映画【告白】考察感想レビュー

 

スポンサーリンク

映画【告白】復讐という名の痛恨の一撃

告白

告白

映画【告白】大まかなあらすじ

中1クラスの担任だった化学教師・森口悠子。

彼女には、HIV(エイズ)感染が発覚した男性との間に授かった、4歳になる愛美という娘がおりました。

…でも、愛美ちゃんはもういません。

なぜなら森口先生の赴任先・中学校のプールで溺れ死んでしまったから。

警察は誤って転落したと判断。

ところが愛美ちゃんの死には、森口先生のクラス生徒2人が関与していたことが判明します。

事故ではなく、殺された愛美ちゃん。

それでも森口先生は事件を蒸し返すことをせず、こう告白していくのです。

『愛美を死に追いやった2人の生徒の牛乳に、HIV感染者だった夫の血を混ぜました』

『潜伏期間は5年から10年。命の重さを実感し、反省するには充分でしょう』

そうクラス全員に告げ、学校を去った森口先生。

愛美ちゃんの死に関与した生徒2人は、HIV感染の恐怖に怯える生き地獄…という痛恨の一撃を喰らうことに。

さらにクラスメイトからは「人殺し」として「いじめ」を受けるようにもなっていきます。

なぜ愛美ちゃんが殺されなければならなかったのか。

なぜ殺す対象が「愛美」だったのか。

愛する娘を殺された森口先生の復讐と警告、殺人を犯した2人の生徒の心情。

視点を変えて明かされていくのは、事件に対するそれぞれの「告白」

誰一人として救われず、報われない虚しさと残酷さだけが残る復讐劇です。

 

映画【告白】キャスト&予告動画

森口悠子 / 松たか子

どこぞの中学、1-Bの担任教師。

シングルマザーで、愛娘・愛美を殺された主人公

森口愛美 / 芦田愛菜

森口先生のひとり娘。

中学校のプールで溺死という、事件発端の中心にいる4歳児

寺田良輝 / 岡田将生

森口先生の後任になった熱血教師。

良=well ・輝=テル、ウェルテルって呼んでね❤️

…という、ウザさ1,000%のめんどくさいキャラ。

下村優子 / 木村佳乃

愛美ちゃん殺人に加担した生徒の母親。

お上品だが、我が子LOVEすぎて過保護。

「うちの子に限って」タイプのイッちゃってるママ。

渡辺修哉 / 西井幸人

愛美ちゃん殺害を計画・実行した主犯の少年A。

下村直樹 / 藤原薫

愛美ちゃん殺害に加担した少年B。

 

映画【告白】予告動画

映画「告白」劇場予告

 

映画【告白】基本情報

告白2010年 日本映画
ジャンルミステリー
監督・脚本中島哲也
原作湊かなえ『告白』
上映時間106分
出演松たか子・岡田将生・木村佳乃・芦田愛菜ほか
動画配信サービスAmazonプライムビデオ(prime対象)
Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中
無料でお試し1カ月!TSUTAYA DISCAS
初回31日間無料/dTV

 

無料お試し期間を活用すれば、実質¥0で視聴可能です。

動画配信サービス選びに迷ったら、こちらで人気の5種類を選び方に合わせて解説しています↓

こんなあなたにはココがオススメ!VOD講座

コメント