【AKIRA】映画のあらすじと世界観を考察/アキラって結局なに?

考察レビュー

根強い人気のアニメ映画【AKIRA】

1982年から週間ヤングマガジン(講談社)で連載された、大友克洋氏のマンガが原作です。

数々の名シーン、数々の名言。

そして解釈に悩む作り込まれたストーリー。

今観ても、少しも色褪せない名作アニメ映画【AKIRA】考察レビューをお届けします。

 

この記事で分かること

  • 映画【AKIRA】の名シーンを手描き4コマで再現
  • 映画【AKIRA】あらすじ概要・キャスト・予告動画
  • 映画【AKIRA】アキラとは何なのか考察レビュー

 

スポンサーリンク

映画【AKIRA】名シーン多し・大友アニメ

AKIRA

AKIRA

映画【AKIRA】あらすじ

1988年。

第三次世界大戦が勃発し、東京は新型爆弾によって壊滅。

それから31年の月日が流れ、2019年。

旧東京湾内に人工都市「ネオ東京」が建設されました。

しかし軍と反政府集団との抗争が絶えず、東京はまだまだ復興途上中。

そんな時代に生きる金田・島鉄雄・山形・甲斐たちは、職業訓練校に通う少年どもです。

  • 彼らは、盗んだバイクで走り出す〜♪ がモットーの暴走族
  • オラオラ暴走・人さまの車破壊・対立チームとケンカの毎日
  • 「ヤンチャ」ばかりしていたら、不良の1人・島鉄雄がある日事故を起こした

それは鉄雄のイケてない暴走運転のせいではなく、謎の子供のせい。

見た目はシワシワの老人、でも実は10歳くらいの少年タカシ。

このシワシワ子供タカシが発揮した不思議パワーのせいで、鉄雄はバイクごと吹っ飛ばされてしまいます。

金田をはじめとする仲間たちは鉄雄の身を案ずるも、なぜか鉄雄は軍の施設に収容されることに。

そこにはタカシのような謎のシワシワ子供が他にも2人。

いずれも不思議パワーの持ち主でした。

鉄雄はタカシとの接触事故で不思議パワーに目覚めてしまい、秘密裏に隔離されてしまったのです。

金田は政府軍に連れ去られた鉄雄を探すうち、反政府集団のケイやリュウと出会い、日本政府の秘密を知ることに。

鉄雄が連れ去られたワケ。

シワシワ子供の存在。

常人ではありえない強大なパワー。

日本政府が軍まで動員してひた隠しにする、この力は一体何なのか。

そのカギを握るのは『アキラ』と呼ばれる少年でした。

未知なるパワーに目覚め、調子ブッこきはじめた鉄雄の暴走を食い止めようと奔走する金田たち。

少年たちが最後にたどり着き、目にした『アキラ』とは。

世界中が驚愕し、日本のアニメ=ジャパニメーションと呼ばれるきっかけになったSF長編アニメ大作です。

映画【AKIRA】キャスト&予告動画

金田正太郎 / 声 : 岩田光央

金田は暴走族グループを率いるリーダー格の少年。

軽いノリの自信家だけど、友を見捨てない漢気ある性格。

島 鉄雄 / 声 : 佐々木望

鉄雄は、子供の頃から金田とつるんでいた少年。

金田に対するコンプレックスが、制御しきれない力の暴走を招くことに。

ケイ / 声 : 小山茉美

ケイは、反政府集団の一員。

ゲリラ暴動の最中に金田と知り合い、軍が隠している「何か=アキラ」の真相に迫る。

敷島大佐 / 声 : 石田太郎

敷島大佐は、日本政府が国民にも世界にも内密にしている研究を守る役目の軍人。

夢やロマンは追わず、今やるべきことを優先する現実主義者。

キヨコ / 声 : 伊藤福恵

キヨコは、軍の研究施設にいるシワシワ少女。

No.25という研究個体名もあり、予知夢の能力を持つ。

タカシ / 声 : 中村龍彦

タカシは、軍の研究施設にいるシワシワ少年。

No.26という研究個体名もあり、研究員の手引きで1度脱走したとき鉄雄と遭遇。

マサル / 声 : 神藤一弘

マサルは、軍の研究施設にいるシワシワ少年。

No.27という研究個体名もあり、車椅子に乗るポッチャリ体型が特徴。

アキラ / 声 : ーーー

アキラは、人智では制御不可能な未知のパワーを持った少年。

今作最大のナゾのお子さまで、アキラの力・アキラの存在・アキラを取り巻く人間模様が焦点。

 

映画【AKIRA】予告動画

AKIRA1988 特報予告編

 

映画【AKIRA】基本情報

AKIRA1988年 日本映画
ジャンル長編アニメーション・SF
原作・監督・脚本大友克洋
上映時間
声の出演岩田光央・佐々木望・小山茉美・石田太郎ほか
動画配信サービスAmazonプライムビデオ(レンタル作品)
31日間無料トライアルU-NEXT
Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中
無料でお試し1カ月!TSUTAYA DISCAS
初回31日間無料/dTV

 

無料お試し期間を活用すれば、実質¥0で視聴可能です。

動画配信サービス選びに迷ったら、こちらで人気の5種類を選び方に合わせて解説しています↓

こんなあなたにはココがオススメ!VOD講座

コメント