映画カクテルの曲は?主題歌kokomoや挿入歌をシーンごとにお届け

映画音楽

トム・クルーズ主演の映画【カクテル】は、世にカクテルブームを巻き起こした大ヒット作。

カクテル作りのパフォーマンスのカッコよさから、バーテンダーに憧れる若者も続出したほど。

青春群像劇としてのストーリーも見どころで、主題歌・挿入歌がまた良いんです。

ということで、映画【カクテル】の主題歌Kokomoを含む挿入歌18曲を、シーンごとにお届けします。

 

この記事で分かること

  • 映画カクテルの主題歌・挿入歌
  • どのシーンで使われていたのかザックリ解説
  • YouTubeで楽曲確認OK👌

 

スポンサーリンク

オープニング曲

映画始まってすぐのオープニング曲 は、Starship の『Wild Again』

サイレンを鳴らしながら遠距離バスを停車させ、ブライアンが乗り込むという、なんとも無謀なシーン。

…と、エンドロール2曲目でも流れてきます。

大都会NYに夢を抱き、新たな一歩を踏み出したブライアンのテーマ曲的ポップスソング。

 

Wild Again / Starship

 

スポンサーリンク

バー勤務初日シーン

学歴ナシ・コネ推薦あるわけナシで、就活全滅だったブライアン。

ダグラスのバーでとりあえず働くことになり、迎えた初日シーンの曲 は、Little Richardの『Tutti Frutti』

ろくにカクテルの作り方も知らない中、鬼のように連打で入る注文の数々。

テンパりながらも喰らい付く、ブライアンの勢いをも感じるロカビリーな1曲。

 

Tutti Frutti / Little Richard

 

スポンサーリンク

初のカクテルパフォーマンスシーン

ダグにバーテンの基本を教わったブライアン。

カウンター越しに3人並ぶウェイトレスの前で、初めてビン回しの曲芸を披露するシーンの曲 は、David Wilcoxの『That Hypnotizing Boogie』

ボトル・シェーカー・グラスなど使って、派手にカクテル作りをすることをフレアバーテンディングと言います。

日本ではあまり見かけないパフォーマンスですが、海外ではわりとポピュラー。

まだコツを掴みきっていないブライアンの、はにかんだ笑顔は破壊力抜群です。

ぎこちなくてもカッコいいフレアバーテンディングを、さらに盛り上げるスライドギター奏法のロック曲。

 

That Hypnotizing Boogie/ David Wilcox

 

スポンサーリンク

バーで客とTiTi To Love〜なシーン

昼間、大学で経営学の教授に居眠りを注意され、イヤミまで言われたブライアン。

そんなことは全く気にせず、夜にはバーで客と歌い合っているシーンの曲 は、Robert Palmerの『Addicted To Love』

合唱している部分の歌詞はコレ↓

Might as well face it,you’re addicted to love♪

ブライアンが歌うと「ティッティートゥーらーぶ♪」としか聴こえないんですが(笑)

…まぁ、自分が楽しむことが、客を楽しませる究極の接客術ってことですね。

ソウルフルな歌声が、バーの賑わいにぴったりなリズミカルポップ曲。

 

Addicted To Love / Robert Palmer

 

スポンサーリンク

酔って歌って帰るシーン

バーテンダーも富を得られる、というダグの話に耳を傾けるブライアン。

続きを聞きながらだいぶ呑んだのか、2人で陽気に歌って帰るシーンの曲 は、Big Bopper (J P Richardson)の『Chantilly Lace』

アカペラ歌唱、しかも酔っ払いという場面なので、あまり同じ歌に聞こえませんが←下手とは言うとらんw

1958年にリリースし、全米チャート6位に輝いた大ヒット曲です。

王道ロックンロールでありながら、どこかコミカルなノリが印象的な1曲。

 

Chantilly Lace/ Big Bopper 

 

スポンサーリンク

シンクロパフォーマンスシーン

“カクテル&ドリーム”の店を持つ夢を語りあったブライアンとダグ。

これまでの師弟関係に友情が芽生え、バーでシンクロパフォーマンスをするシーンの曲 は、Georgia Satellitesの『Hippy Hippy Shake』

客は全員2人のフレアバーテンディングにすっかり釘付け、観ているこっちももちろん釘付け。

最後にシェーカーをガツンと収めるまで流れる、ブギーなノリのロックンロール。

 

Hippy Hippy Shake / Georgia Satellites

 

スポンサーリンク

スカウトされた監獄バー入り口シーン

2人の息のあったフレアバーテンディングを見て、ぜひウチの店に!とスカウトしてきた1人の男性客。

ブライアンとダグが働くことになったバー、セル・ブロック(監獄)の入り口シーンの曲 は、The Fabulous Thunderbirdsの『Powerful Stuff』

スーツ姿の男性がヤッピー詩人を自称するまでの間、短く力強く流れてきます。

3階分のフロアがあり、店は大繁盛。

ブライアンとダグの出世を盛り上げる、ブルースロックな1曲。

 

Powerful Stuff / The Fabulous Thunderbirds

 

スポンサーリンク

監獄バーでのブライアンの詩シーン

ヤッピー詩人をかたるスーツ男性に続き、詩を披露することになったブライアン。

カウンターに立って詩を語り終えたあとの曲 は、RY Cooderの『All Shook Up』

詩といっても抒情的なお堅いものではなく、カクテルの名前を織り交ぜた自己アピール。

そのあと注文が殺到し、ダグと2人でフレアバーテンディングを披露する間に流れます。

…と、その後のブライアンとカメラマン女性コーラルとの激しいニャホニャホ最中にも。

自分たちも客も店全体をも熱気に包む、R&Bソウルロック曲。

 

All Shook Up / RY Cooder

 

スポンサーリンク

仲違いする監獄バーのシーン

休日にバスケを楽しみ、コーラルの話が賭けに転じたブライアンとダグ。

2人がいつも通り監獄バーでカクテルを作るシーンの曲 は、Think Out Loudの『Orignal Sin (Junpin’In)』

彼女が来て笑顔を振りまくブライアンは、コーラルとダグのチュッチュを目撃。

寝取られたことを知ったブライアンはダグに一発お見舞い、ケンカ別れするあたりまで流れます。

普段と変わらぬ店の賑わいの中、突然2人の仲違いが起きたことを印象づけるポップロック曲。

 

Orignal Sin (Jumpin’In) / Think Out Loud

 

スポンサーリンク

ジャマイカの海とバーのシーン(主題歌)

監獄バーを飛び出し、美しい海が広がる南国ジャマイカに渡ったブライアン。

ビーチに隣接した開放的なバーで流れる曲 は、The Beach Boysの『Kokomo』

夏といえばビーチボーイズ、といっても過言ではないくらい海の似合うグループソングです。

ジャマイカの景色にハマりすぎな、映画【カクテル】の主題歌。

 

Kokomo / The beach boys

 

スポンサーリンク

ジョーダンがお礼言いにくるシーン

友達が倒れたから助けて!…と、ビーチバーにやってきた女性ジョーダン。

ブライアンが対応し、その翌日ジョーダンがバーにやってくるシーンの曲 は、Bobby McFerrinの『Don’t Worry,Be Happy』

ジャマイカちっくどころか、ジャマイカにがっつりマッチしたこの曲。

オペラ歌手の父を持つ、アカペラジャズ歌手のボビー・マクファーリンの大ヒットナンバーです。

リズムやベースなどは全て自身の声だけで多重録音、伴奏にいっさい楽器を使っていないという、神がかった楽曲になっています。

ブライアンとジョーダン、2人の純粋な出会いと素朴な海辺にぴったりな男性ボーカルポップジャズ。

 

Don’t Worry,Be Happy / Bobby McFerrin

 

スポンサーリンク

ビーチでのナイトライブシーン

ブライアンとジョーダンが話していたら、まさかのダグがビーチバーへ。

新婚旅行だというダグと奥さんとともに、4人でナイトライブを楽しんでいるシーンの曲 は、Leroy Gibbonsの『This Masic Moment』

ダグは奥さんとイチャイチャ、一方のブライアンもジョーダンと良い雰囲気。

南国での出会いに恋愛のスパイスをプラスするかのような、レゲエダンスナンバー。

 

This Masic Moment/ Leroy Gibbons

 

スポンサーリンク

ブライアンとジョーダンのデートシーン

出会った時から意気投合していたブライアンとジョーダン。

一緒に過ごす時間が増え、2人でデートするシーンの曲 は、Preston Smithの『Oh, I Love You So』

砂浜で乗馬したり、バスに乗って市場へ出掛けたり、ひと気のない海辺で戯れたり。

ジャマイカの現地デートの楽しさが、しっかり伝わってくる軽快なポップ曲。

 

Oh, I Love You So / Preston Smith

 

スポンサーリンク

2人が初めて結ばれるシーン

ジョーダンがブライアンの似顔絵を描いたり、ブライアンは仕事に対するささやかな悩みを打ち明けたり。

いっそう仲が深まる2人が、滝のある湖で初めて結ばれるシーンの曲 は、Gimmy Cliffの『Shelter Of Your Love』

この滝は、ジャマイカで最も美しい場所10選のうちのひとつ、リーチフォールズ。

ポートランドから少し入った先の山道の奥にある、実在する場所です。

このシーンのブライアン、トム・クルーズの笑顔は、ずるっこいほど魅力的。

ジョーダン役のエリザベス・シューもすごく可愛らしくて、観ていて幸せな気分になるラブシーンです。

ただこの曲は、ブライアンがセレブ淑女と浮気して、ジョーダンが浜辺で涙するシーンでも流れてきます。

2人の想いの重なりとすれ違いを、しっとり演出しているレゲエバラード。

 

Shelter Of Your Love / Gimmy Cliff

 

スポンサーリンク

ダグの挑発に乗っちゃうシーン

たまには仕事しないといけないブライアン。

ビーチバーでカクテルを作っているところへ、ダグがちょっかい出しにくるシーンの曲 は、Robbie Nevilの『Since When』

まぁ俺と違って?ブライアンは金持ち女には相手にされないし?

…みたいなダグの挑発を受けたブライアンが、セレブ淑女を口説き落とすまでのBGMとして流れます。

ただしボリュームがむちゃくちゃ小さいので、会話にかき消されてほぼ聴こえません。

一応ビーチバーの和やかな雰囲気に合わせたであろう、ソウルロックミュージック。

 

Since When/ Robbie Nevil

 

スポンサーリンク

ジョーダンの働く店のBGM

結局セレブ淑女と上手くいかず、ジョーダンへの想いが残っていたブライアン。

彼女が働く店を訪れたシーンの曲 は、John Cougar Mellencampの『Rave On』

金持ち女に乗り換えたくせに、今更どのツラ下げて会いに来た!

…と言わんばかりに、本日のスペシャルメニューをブライアンにぶちまけるジョーダンの姿は、まぁごもっともです。

そんな惨事もどこ吹く風、多くのお客で賑わう店内にシレっと流れるBGM。

 

Rave On / John Cougar Mellencamp

 

スポンサーリンク

ダグのクラブシーン

ジョーダンと復縁したいけれど、色々と問題を抱えてしまったブライアン。

仕事をもらうために訪れた、ダグの経営するクラブシーンの曲 は、Wayne Rolland Brownの『Essential Sensual』

クラブから、彼の所有するクルーザーに移動するまで流れている曲です。

成功者であり敗北者でもあったダグの姿を映すかのような、刹那的ロックバラード。

 

Essential Sensual/ Wayne Rolland Brown

 

スポンサーリンク

結婚パーティーシーン

ダグの自殺を境に、奔放ではなく堅実に、真の愛に生きる道を選んだブライアン。

駆け落ち同然のジョーダンとの結婚パーティーシーンの曲 は、Everly Brothersの『When Will I Be Loved』

曲名の意味は「いつになったら愛される」

ブライアンに対する皮肉を込めた、ジョーダンの想いを表した選曲です。

パットおじさんのバーで大勢の祝福を受ける2人にぴったりな、ゆるテンポのロカビリー曲。

 

When Will I Be Loved/ Everly Brothers

 

スポンサーリンク

エンディング&エンドロール

ダグと約束していた、”カクテル&ドリーム”のバーをオープンしたブライアン。

そこでジョーダンが子供は双子と明かし、迎えるエンディング曲 は、Preston Smithの『Oh, I Love You So』

ジャマイカでのデートシーンに使われていた曲が、エンディング&エンドロールで再び流れてきます。

付き合っていた頃の1番楽しい思い出。

あのときの2人の愛が、これからは永遠に続く、という気の利いたチョイスですね。

同じ曲ですが、ハッピーエンドの余韻にも浸れるので、ぜひ(笑)

 

Oh, I Love You So / Preston Smith

 

…ということで、トム・クルーズ主演映画【カクテル】の主題歌・挿入歌を18曲お届けしました。

あのシーンの曲名、アーティスト名が知りたーい!

そんなあなたのお役に立てれば、恐悦至極にございます。

 

映画【カクテル】予告

 

 

トム・クルーズ主演映画【トップ・ガン】の主題歌・挿入歌もあわせてどうぞ↓

映画トップガンの挿入曲は?デンジャーゾーンなど10曲をご紹介
1986年に公開され、空前の大ヒットを記録した映画【トップガン】は、今や超有名ハリウッドスターにまで上り詰めたトム・クルーズの出世作。 さらにこの映画のサントラも売れまくったほど挿入曲も秀逸です。 …ということで、ストーリーの流...

楽曲だけ聴くのに最適なYouTubeプレイリスト↓

映画音楽を楽しもう♪YouTubeプレイリスト作っちゃいました
映画挿入曲をサントラ感覚で。 連続再生に最適なYouTubeプレイリストを作っちゃいました。 映画タイトル50音順に、今後も追加していく予定です。 映画音楽三昧に、ぜひご活用ください。 ア行 映画【あやしい彼女...
スポンサーリンク

あれこれ観るならU-NEXTがオススメ!

ちょっと勇気のいる金額の月額料金だけど、その分なんでも揃ってるU-NEXT。

無料トライアルを試した場合でも、有料作品を観るのに必要なポイントが貰えるという点も大きな魅力です。

【こんな方にぴったり】

とにかくたくさん観たい・珍しいマニアック作品に出会いたいあなた

【こんなサービス内容】

  • 見放題動画は約19万本。日本最大級のラインナップ
  • 月額料金は¥2,189(税込)。毎月有料新作2本分の1,200pt付き
  • 31日間無料トライアルあり。しかも新作1本分の600ptのオマケ付き

配信数も日本一、サービス精神も日本一。

国内最大級を謳う動画配信サービスU-NEXTの凄さ、まずは無料で体験できるので試してみてくださいね。

31日間無料トライアルU-NEXT

映画音楽

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
れおんの言霊

コメント