【ニューヨーク東8番街の奇跡】映画のあらすじは?和み系SFファンタジー

SF

UFO。それは遥か遠い宇宙からエイリアンを乗せて飛来する未確認飛行物体。

…のはずが、突如現れたUFOはそれ自体がまさかの知的生命体でした。

数々のSF大作を生み出すスティーブン・スピルバーグ総指揮、1987年公開のSFファンタジー映画【ニューヨーク東8番街の奇跡】の世界へとご案内いたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ニューヨーク東8番街の奇跡】時代の波と悲痛な祈り

たける
たける

UFOはいます!エイリアンも存在します!!(願望)

REON
REON

…うん、まぁ宇宙は広いしな。

何万光年も広がる銀河。

地球外知的生命体がいてもおかしくはない…という発想から、エイリアンがUFOに乗って侵略しに来る映画が沢山ありますよね。

  • 地球にやって来てすったもんだするのは大概エイリアン
  • UFOはあくまでオマケ。地球人には解らない動力源があったりする
  • …が今作では勝手に動くどころか子どもを産んで繁殖能力を持つUFOというニューキャラ

これまでの地球外知的生命体の概念を覆し、古アパートの住人とUFO型生命体とのハートフルな交流を描いた和み系SF映画が【ニューヨーク東8番街の奇跡】 です。

押し寄せる再開発の波

物語の舞台は1980年のアメリカ・ニューヨーク。

都市開発で高層ビル計画が持ち上がった、マンハッタン東8番街の様子から始まります。

  • ほとんどの物件が立ち退きに応じ、辺りはすでに解体・瓦礫の山
  • …ただ1件、古アパートの住人の一部が未だ立ち退きに応じず
  • 追い出し必至のアパートだけに、地上げ屋集団が執拗に嫌がらせ
  • ときには金属バット振り回して破壊行為も
たける
たける

ちょっと地上げ行為が行き過ぎなんじゃ…。

REON
REON

だな。徒党組んでチンピラ感丸出しだし。

とはいえ地上げ屋集団も、単に脅して追い出しにかかっているわけではありません。

地上げを完了させたい事業主レイシーから預かった立ち退き料を手渡し、その後の住居も提示済み。そこそこの好条件を飲んで新天地で新生活を…と立ち退いていった住人もいることはいます。

その一方で、それでも立ち退きに応じない住人にはここに居たい理由があったりするんです。

立ち退き反対!住人その①  老齢のライリー夫妻

  • フランクはボロアパート1階でコーヒーとバーガーの店を経営中
  • 長年住み慣れた場所であり、店をたたむ気はない
  • フェイにはちょっと普通ではない点が
  • 認知症の症状があり、ときおり徘徊。とはいえ「お買い物行ってただけよ」と古アパートには帰ってこれる

立ち退き反対!住人その②  元ボクサーのハリー

  • かつては人間機関車というニックネームを持つ有名ボクサー
  • 右パンチが武器の勇ましさとは裏腹に、実はそうとう内気
  • 対人関係が苦手で、今の引きこもり気味の生活を変えたくない

立ち退き反対!住人その③  臨月の女性マリッサ

  • 出産間近の臨月なので、安静にしたい
  • そもそもお腹の子の父親は、ほぼ帰ってこないミュージシャン
  • ツアーが終わればここに帰って来ると信じ、引っ越したくない

立ち退き反対!住人その④新参者の画家メイソン

  • このボロアパートの古さや建築デザインは、後世に残すべき建築物
  • …ということで立ち退く気がないどころか、あえて越してきた
たける
たける

なるほどね。みんなちょっとワケありなんだ。

REON
REON

…まぁ、地上げ屋にしてみれば知ったこっちゃない事情なんだろうが。

立ち退き料を押し付けても突っ返してくる聞き分けのない住人たち。

そんな彼らに特にイラ立ちを募らせたのが、地上げ屋集団のリーダー格・カルロスです。

  • ちょっと徘徊してたフェイを心配し、フランクや住人が1階のダイナーに集結
  • 皆さんお揃いなので、まとめてオラオラしにカルロス登場
  • 痴呆の症状もあるフェイは、カルロスを息子ボビーと思い込み立ち退き料を受理
  • 「よっしゃ、受理な」と、カルロスが店内をメチャクチャに
たける
たける

むぅーーー!カルロスのろくでなし!鬼!悪魔!!

REON
REON

…店内に飾っておいた思い出の写真までズタズタだもんな。

地上げ屋の行き過ぎた嫌がらせ・再開するのも困難なほど破壊されまくった店。

挙げ句の果てに、妻フェイは夜中に急に「今からお店のお片づけしましょう」と言い出す始末。

身も心もズタボロになったフランクの口からは、思わずこんな悲痛な想いが漏れてしまいます。

「誰か助けてくれ」

そんな祈りが届いたのか、このあとフランクや古アパートの住人たちは未知との遭遇・思いもよらぬ奇跡を目の当たりにすることになっていきます。

 

スポンサーリンク

【ニューヨーク東8番街の奇跡】未知との遭遇・奇跡の行方

地上げ屋カルロスに店が破壊された晩のこと。

無駄にはしゃぐ妻フェイを寝かし付け、疲れきったフランクは窓を開けたままソファーで寝落ちしてしまいます。

たける
たける

わ!窓からなんか入ってきた!

REON
REON

…意外すぎる来訪者のお出ましだ。

  • 突如、猛スピードでフランク宅に乱入したのは、両掌に乗るくらいの小さな宇宙船
  • しかも1機ではなく2機
  • それぞれ室内で何かを物色中
  • 1体はお目当てのブツを発見
  • もう1体は、なぜか妻フェイのスケスケネグリジェをタンスから拝借中
たける
たける

UFOちっさ!…っていうか何探してるの?何しに来たの?助けに来たの?

REON
REON

あぁ、充電しに来ただけだ。

たける
たける

…え。UFOって充電式なの?(笑)

このちっさいUFOたち、フランクの願いを知ってか知らずかたまたまなのか、ちょっとヤボ用でやって来た宇宙からの来訪者。

どうやらお目当てのブツはキッチンのコンセントだった模様。

家主が寝ているその隙に、機体からプラグを出して電力盗みに来た軽い窃盗犯だったんです。

  • 2体のうち、スケスケネグリジェ拝借した丸みを帯びた機体が電力不足
  • 充電中に中からエイリアンがご登場…という展開は一切ない
  • むしろこの機体そのものが宇宙人
  • しかもこの2体は夫婦・UFOのつがいらしい
たける
たける

いやいやいや、UFOの夫婦って(笑)

REON
REON

…って普通はそう思うよな。

ところがちょっとだけ普通から外れているフェイにとって、この普通じゃないUFOもただ可愛らしい生命でしかありません。

勝手にコンセントから電力をチョロまかし、勝手に屋上の掘っ建て小屋に住み着いたUFOたちを「チビちゃんたち」と呼んでエサまであげることに。

たける
たける

UFOにエサ(笑)ダメだ展開が突拍子もなくてツボるww

REON
REON

…だよな。エサって言ってもクギとか金物系のガラクタだぜ?

そうしてフェイと最初の未知との遭遇を果たしたUFO型の奇妙な生命体。

義理堅く受けた恩に報いるかのように、「鶴の恩返し」ならぬ「UFO型生命体の恩返し」という奇跡を起こし始めます。

  • フランクの店で無残にも額ごとズタズタにされたはずの写真が元通り
  • マリッサ宅でも地上げ屋に壊されたはずのマリア像が元通り
  • 金属バットでぶち破られたメイソン宅の玄関ドアも元通り
  • 破壊されまくったフランクのダイナーさえもすっかり全部元通り
  • フェイ曰く「チビちゃんたちは何でも直すのが得意なのよ」と、お戯れ発言
たける
たける

フェイのお戯れ発言って、みんなからしたら答えになってないよね?

REON
REON

…まぁフェイの認知症が悪化したようにしか見えないよな。

とはいえ、いろんなものが元通りになっているのは事実。

不思議現象を起こした「チビちゃんたち」を信じないみんなに対し、フェイは夫婦UFOを紹介することにいたしました。

  • フランクの懐中時計を引ったくり、手近にあったコンクリ破片で潔く破壊
  • それもこれも「チビちゃんたち」は恥ずかしがり屋でなかなか出て来ないから
  • 「あぅ…わしの時計が」と嘆くフランクを尻目に、チビちゃんたちがご登場
  • 機体からビームを出し、溶接しながら懐中時計を完璧に修理
  • …ということで、フランク一同も未知との遭遇完了
たける
たける

うふふ♪なんか勝ち誇ったドヤ顔のフェイさん可愛いー。

REON
REON

フランクも、妻の戯言じゃなかった上に店も再開出来るから嬉しそうだな。

しかしそんな驚きのリフォームを、地上げ屋集団が見逃すはずがありません。

たしかに昨日ぶっ壊しまくったはずなのに…と、地上げ屋リーダーが再び脅しにやってきます。

  • カルロスは「どうなってんじゃーワレ!」と乗り込んで来た
  • またしても金属バット片手にオラつくも、得体の知れない何かに襲われ返り討ちに
  • 言葉は通じなくとも、アパート住人と交流を深めた夫婦UFOの圧勝、Oh,Yeah♪
  • ところがここで、夫婦UFOにちょっと異変が
たける
たける

え。なに、異変て。

REON
REON

あー。丸みを帯びたほうのUFOがご懐妊だ。

たける
たける

………へ!?

そう、今作の見どころであり推しポイント。

それは形はUFO、されど知的生命体。

さらにその実態は……繁殖機能つきというビックリ設定の部分かと。

家族のカタチ・奇跡のカタチ

フランク宅では散々勝手に充電し、実は他の住人宅からはフライパンやらコーヒーメーカーなんかもチョロまかしていた夫婦UFO。

そもそもYouたち何しに地球に?というのも、子供を産むためのエネルギーと材料を頂きに来たに過ぎません。

  • 電力・鉄くず・安心して出産出来る屋上掘っ建て小屋が古アパートにあった
  • しかも古アパートの住人、みな良い地球人
  • いろいろ良くしてくれたお礼に、モノの修繕という奇跡を披露していた
  • …が、早くも出産体制に突入
たける
たける

わわっ。ゆ、ゆ、ゆ、UFOの出産だなんて!

REON
REON

…何をどうしてどうサポートすればいいのか分からんよな。

ところがここで、フェイの普通とは違う感性が大いに役立つことになっていきます。

  • そもそも夫婦UFOの懐妊に気付いたのはフェイ
  • 人間でも出産には体力が必要=UFO生命体だって同じ
  • 電力で体力を養い、栄養として鉄くずが不可欠なだけ
  • ベストな出産場所は屋上の掘っ建て小屋。そこに電力を送る必要が
  • …ということで、住人総出で送電を工夫

もはやすっかり同じ古アパートの住人仲間。

地球人と宇宙人という違いはあれど、一致団結して出産に立ち会います。

たける
たける

や…やったーーー!産まれたよ!しかも双子ちゃん♪

REON
REON

…でも実は3体身籠ってたんだよ。

無事に双子ちゃんUFOの出産は終えたものの、残念ながら最後の1体の子チビちゃんは、産まれ落ちても動くことはありませんでした。

  • 一同ちょっと悲しみに暮れ、屋上プランターに埋葬することに
  • フランクをはじめ、住人みんなで産まれた双子や夫婦UFOを守ろうと決意
  • ただ…機械いじりが好きな元ボクサー・ハリーは諦めきれずに子チビちゃんをコッソリ持ち帰ることに
  • 懸命にいじくり倒し、それでもやはり動くことがなかった
  • …と思ったら、偶然電気の漏電で生きかえった

こうして夫婦UFOも悲しんでいた最後の子チビちゃんの命も救い、すっかり打ち解けた古アパート住人たちとUFO一家。

まるでひとつの大家族のような交流を重ねていき、モノだけでなく心も癒され前向きになるという奇跡も起こります。

フランクは店を再開し、フェイは徘徊するのをやめてダイナーを盛り上げることに。

もちろん夫婦UFOも産まれた子UFOも、せっせとお店のお手伝い。ときに間違えてハンバーガーになっちゃったり、ときに間違えてスープの中に落ちちゃったり。

そうしていつしかダイナーは、周辺の解体を任された業者の面々で賑わい活気づいていきます。

しかしこれを面白く思わない面々も。

地上げ屋集団、さらには地区開発事業主であるレイシーの魔の手が伸び、古アパート住人にもUFO一家にもピンチが訪れ…というのが大まかなあらすじになります。

 

SF映画の名匠・スピルバーグ総指揮、UFOと地球人との心温まる交流物語【ニューヨーク東8番街の奇跡】

地区再開発のターゲットになったニューヨーク・マンハッタンの東8番街。

レンガ造りのアパートが立ち並ぶ下町は、軒並み地上げの対象となってしまいます。

連日オラオラと恐喝まがいのチンピラから立ち退きを強要され、それでもアパートから出て行きたくない事情を抱えた住人たち。

そんな彼らが出逢ったのは、宇宙からの可愛い来訪者でした。

言葉は通じなくても、思い遣りと感謝の心はきっと通じ合う。

アパート住人とUFO型生命体との優しい世界が広がる予告動画はこちら↓

*batteries not included (1987) Trailer

Amazonプライムビデオでレンタルして観る

 

スポンサーリンク

【ニューヨーク東8番街の奇跡】優しい交流を深める登場人物たち

UFOのようでUFOじゃない、ロボットのようでロボットでもない小さな小さなUFO型の知的生命体。

それは侵略でも征服でもなく、ちょっとヤボ用で来襲しただけの可愛らしい訪問者でした。

そんな彼らを優しく見守り、恩返しという優しい奇跡を目の当たりにする登場人物たちをご紹介いたしましょう。

 

フェイ・ライリー(ジェシカ・タンディ)

フェイは古アパートの住人のひとり。1階でダイナーを営むフランクの奥方であり、最初にUFO型生命体を発見した人物でもあります。

フェイのちょっと認知症気味の発想とお茶目な言動が、奇跡を呼び込むキッカケになっていきます。

 

フランク・ライリー(ヒューム・クローニン)

フランクは古アパート1階でダイナーを営むご高齢の男性。少々ガンコ、されど物分かりが悪いわけではない古株の住人です。

妻フェイとともにUFOたちを温かく迎え入れ、彼らの存在も行動も優しい眼差しで見守ります。

フランクを演じたヒューム・クローニンと、妻フェイを演じたジェシカ・タンディは私生活でもご夫婦のお二人。

劇中でとても幸せそうにダイナーでダンスを踊るシーンがあるんですが、演技だからだけではないハッピーオーラを感じます。

こんな素敵な歳の重ね方をしたくなる理想の夫婦、主演キャストです。

 

ハリー・ノーブル(フランク・マクレー)

ハリーは古アパート住人のひとり。元ボクサーというガタイのいい体格が特徴的です。

誰よりもチビUFOのさらにチビっこい子UFOへの思い入れが強く、子UFOとハリーとの交流が最後にとびきりの奇跡を起こすことに繋がっていきます。

 

マリッサ・エステヴァル(エリザベス・ペーニャ)

マリッサは古アパート住人のひとり。まもなく出産を控えた身重の女性です。

チビUFOたちとの出逢いで夢や奇跡を尊重する反面、臨月・出産・子育てへの不安を現実的に考えるようにもなっていきます。

 

メイソン・ペイラー(デニス・ボウトシカリヌ)

メイソンは古アパートに住む売れない画家。けっこう濃いめのヒゲ面が特徴的です。

芸術家肌でありながら、ミニUFO型生命体に対しては妙に現実的な解釈をすることもありますが、思いやりも夢も持った人物でもあります。

 

カルロス(マイケル・カーマイン)

カルロスはチンピラまがいの地上げ屋のお兄ちゃん。最後の地上げ物件・古アパートの住人立ち退きに手こずり、連日オラオラ脅しに来ています。

が、根っからのワルではなく、ワルに憧れていきがってるタイプ。

宇宙からの小さな訪問者や古アパートの住人との交流が、カルロスの心にも奇跡を起こします。

 

…と、この他には東8番街一帯の開発プロジェクトを推進するレイシー、立ち退きを強要する地上げ屋のボス・コヴァックス、周辺の解体業務を任されている作業員の皆さんなどが登場。

大都会ニューヨークの下町で繰り広げられる人情と、侵略者でも乗り物でもない可愛らしいUFO型の宇宙人との交流にきっと和む癒し作品となっています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

映画【ニューヨーク東8番街の奇跡】の原題は「*Batteries not Included=※電池は含まれません」という洒落っ気あるタイトル。

まるでオモチャのよう、されど電池式ではない自我を持ったUFOキャラを活かしたセンス溢れる原題です。

  • 舞台は1980年のアメリカ・ニューヨーク
  • マンハッタンの下町8番街の土地開発で巻き起こる地上げ騒動が発端
  • 突如現れた来訪者は、UFOだけど知性も繁殖能力も持った異星人
  • 立ち退き拒否の住人とUFO型異星人との間に起こる奇跡の物語

今作で、ちょっと心に残ったセリフがあります。

「奇跡というのは、あれこれわけを考えると消えてしまう」

取り壊されそうになった古アパートの住人のひとり、ダイナーを営むフランクの言葉です。

なんでもかんでも経緯を検証したり、そうなった理由を根掘り葉掘りさぐるでもなく、これは奇跡だと受け止めて広がる優しい世界。

老夫婦の絆は深まり、引きこもりの元ボクサーは心を開き、身重の女性と売れない画家は新たな恋に落ち、地上げ屋のチンピラは改心する…

極端な言い方をすると、今作はこんな他愛もないお話です。

が、UFO型の異星人のビジュアルといい住人たちの人柄といい、全編通して滲み出るのは心が和むホッコリ感。

映像はちょっと古めかしいセピア色・音楽は軽快なジャズ・そして今はあまり見られなくなったご近所付き合いなど、どこか懐かしくノスタルジックな味わい深さがあります。

映画【ニューヨーク東8番外の奇跡】は、誰もがきっと優しくなれる、本当に夢のある素敵なファンタジー作品でした。

 

映画【ニューヨーク東8番街の奇跡】はこちらで配信中↓

Amazonプライムビデオでレンタルして観る

 

 

 

 

コメント