【ファンタスティック Mr.FOX】ウィット溢れるストップモーションアニメ映画

長編アニメ

アニメだけれど、ただのアニメじゃない。

人形劇だけど、ただの人形じゃない。

児童文学が原作だけど、子供だましの寓話じゃない。

大人も子供も楽しめるシュールでキュートなストップモーションアニメ映画【ファンタスティック Mr.FOX】の世界へとご案内いたします。

 

この記事でわかること

  • ネタバレなしのあらすじ・出演キャスト
  • 予告動画・動画配信サービス・DVD情報

 

スポンサーリンク

【ファンタスティック Mr.FOX】おキツネ紳士のアドベンチャー

たける
たける

ルールルル…。

REON
REON

…『北の国から』っぽくキツネを呼ぶな。

今作【ファンタスティック Mr.FOX】は、タイトルにある通り、FOX=キツネが主人公の人形劇。

ただしモフモフなヌイグルミではなく、お洒落な着こなしもバッチリの擬人化した動物たちが登場します。

  • 原作は、イギリスの小説家ロアルド・ダール氏の児童文学《素晴らしき父さんギツネ》
  • ロアルド・ダール氏は《チャーリーとチョコレート工場》の作者
  • キツネを始め、穴を掘って谷に住む動物目線のアドベンチャー
  • 野生の性、狩猟本能が人間とのゴタゴタを引き起こしてさぁ大変、という物語
  • ジョージ・クルーニー氏やメリル・ストリープさんなど、声の出演者がまた豪華

児童文学だし人形劇だし、さぞや可愛いらしい絵本チックなお話?

…かというと、そんなことはございません。

もちろんお子さまが観ても全然オッケー。

だけど大人が観ても、風刺の利いたブラックユーモアにニヤリとすること間違いなし。

恐ろしく時間をかけて丁寧に、人形を一コマ一コマ動かした映像を繋ぎ合わせたストップモーションアニメ映画が【ファンタスティック Mr.FOX】 です。

 

映画【ファンタスティック Mr.FOX】基本情報

ファンタスティック Mr.FOX2009年 アメリカ・イギリス映画
ジャンル動物アドベンチャー・ストップモーションアニメ
監督ウェス・アンダーソン
原作ロアルド・ダール「父さんギツネバンザイ」
上映時間87分
声の出演ジョージ・クルーニー、メリル・ストリープ、ウィレム・デフォー他
動画配信サービスAmazonプライムビデオ(レンタル作品)
31日間無料トライアルU-NEXT
無料でお試し1カ月!TSUTAYA DISCAS
初回31日間無料/dTV

 

無料お試し期間を活用すれば、実質¥0で視聴可能です。

動画配信サービス選びに迷ったら、こちらで人気の5種類を選び方に合わせて解説しています↓

こんなあなたにはココがオススメ!VOD講座

 

スポンサーリンク

【ファンタスティック Mr.FOX】野生と人智の攻防戦

物語の始まりは、ひと組の野生キツネ夫婦の様子から。

仕立ての良いコーデュロイスーツを着こなすキツネ旦那、Mr.FOXが今作の主人公です。

  • キツネ旦那は、小さな木の下で嫁と待ち合わせ中
  • これからどこへ?というと、近所の養鶏場にヤボ用が
  • …というのも、このキツネ夫婦の職業は「トリ泥棒」
  • 人間の目を盗んでは、ニワトリの首をひと噛みしてチョロまかす日々
たける
たける

養鶏場にしてみたら、いい迷惑じゃん。

REON
REON

…だからちゃんと対キツネ用の罠も仕掛けてあるよ。

この日もチョチョイっと2羽のトリを噛み殺し、食料をくすねたキツネ夫婦。

養鶏場の小屋の脇にあった「いかにも引っ張ったら檻ガッシャン」しそうな鎖を見つけます。

  • 嫁は早く退散しようとせっついた
  • ところがキツネ旦那は引っ張りたい衝動に駆られ、まんまと罠が作動
  • 夫婦揃って檻の中。…と、ここで嫁からまさかのカミングアウト
  • 実は待ち合わせ前に病院に寄っていた嫁は、妊娠してることが判明
たける
たける

まだ見ぬ我が子もろとも大ピーーンチ!

REON
REON

…なんとか生き延びたけどね。

子供が産まれたら、こんな危険はもうコリゴリ。

嫁キツネ…もといMrs.FOXは、もし無事に生き延びれたら絶対転職してねと念押しします。

そうして2年後。キツネ暦では12年後にあたる現在、FOX家は3人家族に。

  • 地中に穴を掘り、そこに穴蔵の家を構えた
  • あの時の約束通り、Mr.FOXはトリ泥棒から新聞記者に転職
  • 穴暮らしだけに、記者として「穴場スポット」のコラム担当中
たける
たける

おー。まともな生活送って幸せになったんだね♪

REON
REON

…キツネ旦那はちょっと不満らしいが。

せっかくあのとき生き延びて、ひねくれた息子ギツネの子宝にも恵まれて、特に身の危険もない仕事にもありついて。

キツネ旦那ってば…何なの一体何が不満なの、というと、穴暮らしのこの生活。

  • キツネ旦那いわく、穴の暮らしは貧乏くさい
  • とはいえ、そもそも穴蔵に住むのはキツネの習性
  • 嫁も子供も、この穴蔵生活に不満はない
  • …が、キツネ旦那はたまたま見つけた「ツリーハウス売出中」の新聞広告に釘付け
たける
たける

ツリーハウス!? 買う買う‼︎

REON
REON

…君がかよ(汗)

陽の当たらない地面の下より、陽の当たるツリーハウスにむちゃくちゃ憧れを抱いたキツネ旦那。

さっそく不動産屋に連絡し、下見することに。

ところがこの物件にはひとつだけ、大きな大きな問題があったのです。

農場主3人・怒りの反撃

キツネ旦那が憧れてやまないツリーハウス。

内装工事もほぼ終わっていて、すぐにでも入居出来そうな素敵物件です。

  • 松のような常緑樹ではないものの、ローンを組めば予算内
  • 日当たりバッチリ・小高い丘で見晴らしも抜群
  • …ただし、窓の向こうに人間の居住エリアが
たける
たける

ありゃ…これは立地的に大問題?

REON
REON

…かも知れないと思って、弁護士に相談しに行ったよ。

内見もそこそこに、キツネ旦那は『アナグマ&ビーバー法律事務所』に向かいます。

しかしここで彼は、あのツリーハウスの向こうに住む人間どもの実態を知ることに

  • 物件の先には、それぞれオーナーが異なる3つの大きな農場が
  • ひとつは世界一成功した、チキン大好きデブ男ボギスの養鶏場
  • ひとつはガチョウを飼育し、レバーばっかり食っているチビ男バンスの燻製場
  • ひとつは七面鳥の飼育とリンゴ農園の合わせ技で儲けてる、ヤセ男ビーンの農場
  • 3人とも腹黒さは天下一品。特にビーンは人間で1番恐ろしい切れ者
たける
たける

これは…ご近所さん面倒くさそー。

REON
REON

…なのに買っちゃうんだよ。キツネ旦那。

人間エリアのすぐそばにある、魅惑のツリーハウス。

実はキツネにとっては最大の危険地帯・最悪のロケーションに建っていた物件だったのです。

ところがキツネ旦那ときたら、せっかくアナグマ氏がご丁寧に解説してくれたのに、聞くだけ聞いてアドバイスは完全スルー。

いや、何のためにアナグマ氏の法律事務所に行ったんだよ…とツッコミたくなる横暴っぷりを発揮します。

  • 「買う買わない」で、キツネ旦那とアナグマ氏が牙をむいてシャーシャー言い争い
  • …するも、キツネ旦那は結局ツリーハウスにお引っ越し
  • ちょうど甥っ子を暫く預かる予定もあり、4人で新生活スタート
  • 穴蔵から陽のあたる場所へ。貧しさは満たされ、これで満足
  • …かと思いきや、キツネとしての本能が疼きはじめた
  • こう…トリの首をキュっとガブっと喰い殺す醍醐味を味わいたくなった
  • 仲良くなったツリーハウスの管理人・オポッサムのカイリを巻き込み悪巧むことに
たける
たける

…もしかして、トリ泥棒再開?

REON
REON

…っていうか、目の前の農場全制覇だな。

ボギスの養鶏場からはゴッソリ鶏を。

バンスの燻製場からは、今すぐかぶりつける美味しいガチョウの燻製を。

そしてビーンの農場からは、とろける黄金の味わいのリンゴ酒を。

キツネ旦那は各農場の防犯対策・警備体制の穴をくぐり抜け、あっちからもこっちからも盗みまくります。

  • 当然、人間お三方は激おこプンプン
  • キツネが盗っ人張本人であること・その住処のツリーハウスも突き止め反撃に
  • 取っ捕まえて抹殺する気満々で、丘をゴッソリ掘り返した
  • …そのせいで、谷に住む他の動物もとばっちりを喰らうことに
たける
たける

キツネ狩りじゃー!我に続けぇーー‼︎

REON
REON

…うん、まぁそんな感じで容赦ない武装体制だな。

重機に銃に爆弾に、さらに農場の使用人も全員召集。

ボギス・バンス・ビーンの3人は「キツネ旦那狩り」に執念を燃やすことに。

こうして完全包囲で兵糧攻めに遭い、谷の動物たちは全滅の危機に瀕してしまいます。

それもこれもキツネ旦那が野生本能の赴くまま、好き放題やらかしたせい。

しかしキツネ旦那は3人の腹黒い人間のさらに上をいく悪知恵を働かせ、動物たち全員でこの大ピンチを回避することに… というのが大まかなあらすじになります。

 

 

表情豊かでなかなかアクティブ。物語にも演出にも夢中になる動物アニメ映画【ファンタスティック Mr. FOX】

ファンタスティック Mr. Fox

Amazonプライムビデオでレンタルして観る

 

スポンサーリンク

【ファンタスティック Mr.FOX】動物メインの登場人物たち

今作【ファンタスティック Mr.FOX】は、細部まで丁寧に制作されたストップモーションアニメです。

さらにシュールさとアクティブさの息吹が吹き込まれた、動物メインの登場人物たちをご紹介いたしましょう。

 

Mr.・フォクシー・フォックス(声:ジョージ・クルーニー)

Mr. FOXは、ヒュ〜♪チッチ…というのがトレードマークの元トリ泥棒のキツネ。

みんなから凄いねイイネ立派だね!と思われたくて、いろいろやらかす自己顕示欲の塊みたいな主人公です。

…が、裏を返せばそれは己のあり方・魅せ方のビジョンが明確で、ブレない信念を持って行動する熱い漢といった感じ。

飄々とした冷静さも、ウィットに富んだ話術にも長けています。

そんなMr. FOXの声をジョージ・クルーニー氏が担当。

下手すりゃただの自己中オレ様のチャラ男ですが、お声のおかげもあって憎めないキャラになっています。

 

Mrs.・フェリシティー・フォックス(声:メリル・ストリープ)

Mrs. FOXは、こよなく家族を愛するMr.FOXの嫁キツネ

昔は一緒にトリ泥棒をしていたけれど、子を授かってからしっかり者の肝っ玉母ちゃんになりました。

絵を描くのがむちゃくちゃ上手くて、動物界きっての名画家でもあります。

そんなMrs. FOXの声をメリル・ストリープさんが担当。

ときに凛々しく、ときに優しい嫁にぴったりのお声で演じています。

 

アッシュ・フォックス(声:ジェイソン・シュワルツマン)

アッシュは、キツネ夫婦の一人息子。ちょっと変わったクソガキ…いえ、子ギツネです。

自己顕示欲の強さは父親譲りで、いつも他人からの評価を気にする一面が。

自分より断然イケてる従兄弟に対し、意地悪ばかりしまくります。

とはいえちゃんと誰かに認めてもらえるよう、あれこれ頑張る努力家でもあります。

 

クリストファソン・シルバーフォックス(声:エリック・アンダーソン)

クリストファソンは、キツネ夫婦の甥っ子。

嫁キツネ側の親族の息子で、アッシュの従兄弟にあたります。

少し背が高く、綺麗な銀髪のシルバーフォックスで、なんでもスマートにこなす天才肌。

決して驕らず、控え目な性格で、同じキツネでも種類が違うと性格も違うということが分かるキャラになっています。

 

カイリ・オポッサム(声:ウォーリー・ウォロダースキー)

カイリは、ツリーハウスの管理人。

キツネではなく、オポッサムというネズミっぽい動物です。

Mr. FOXとは物件下見のときに知り合い、以降パートナーとして行動を共にすることに。

いっぺんに物事を理解できない性格で、テンパると目が点になっちゃう面白キャラでもあります。

 

ラット(声:ウィレム・デフォー)

ラット怪しさ満点、凄味のあるドブネズミ。

かつては人間の住処からエサをパクって暮らし、今はビーンの貯蔵庫で警備員をしているキレ者です。

人間側の総戦力の一人であり、盗みに入ったMr. FOXと対峙する敵キャラ動物でもあります。

細長い手足に赤のボーダー長袖Tシャツ、極悪人の面構えが特徴的。

見た目の悪さにぴったりすぎなウィレム・デフォー氏が声を担当しています。

 

…と、この他に、アライグマ・ビーバー・野ネズミ・ウォレットなど、穴蔵に住むタイプの動物たちが登場。

野生動物の習性を活かした化かし合い、文明の利器で対抗する人間お三方との化かし合いにワクワクする展開となっております。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

かたや狩猟本能丸出しの野生動物。

かたやあの手この手で抹殺せんと意地を張る人間。

登場する人形たちは実に表情豊かで、最初から最後までじっくり見入ってしまいます。

  • 人間も動物も住む、のどかな谷が舞台
  • 主人公は、元トリ泥棒・今は新聞記者のMr.FOXなるキツネ
  • 引っ越しを期に再び盗っ人稼業に精を出し、強奪し放題
  • 怒った農場主3人が結託し、キツネ狩り&抹殺作戦を展開
  • キツネVS腹黒人間。どちらがよりずる賢いか…という攻防戦の物語

今作の物語の面白いところは、ただオシャレに擬人化されているわけではないところ。

ちょいちょいリアルな野生の習性がぶっ込んであります。

たとえば狐が鳥の首をガブっと噛んで瞬殺とか、穴掘って住むとか、お食事もぐっちゃりガオガオ言いながら召し上がるとか。

とにかく演出のあちこちに、ちょとした笑いのトラップが仕掛けられています。

さらに演出だけでなく、主役のMr.FOXの衣装にもこだわりが。

小洒落たコーデュロイのスーツは、監督御用達の仕立て屋さんに作ってもらった本格仕様。

ストップモーションアニメという独特の撮影方法に加え、物語の設定にもひとつひとつの人形にも、沢山の愛を込めて丁寧に制作されています。

映画【ファンタスティック Mr. FOX】は、制作サイドの本気と職人魂、いかに観る者を楽しませるかの工夫だらけ、見どころ満載な作品 でした。

 

 

 

コメント