【ザ・ロック】映画の舞台アルカトラズ島やあらすじ,キャストを紹介

アクション

世界で最も有名な刑務所アルカトラズ。アメリカ・サンフランシスコの沖合に浮かぶ小さな島は、かつて誰一人として脱獄囚を出さなかった堅固な牢獄として今でも建造物が残されています。

「監獄島」「ザ・ロック」という異名を持つアルカトラズ島を拠点に、あるグループがテロを計画。

脱獄どころか潜入さえも困難な元アルカトラズ刑務所を舞台に、対テロに臨む男たちの過激なアクションを描いた映画ザ・ロック】の世界へとご案内いたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ザ・ロック】監獄島”アルカトラズ”

たける
たける

わぁ♪綺麗なとこだねー。どこの観光地?

REON
REON

…怨念渦巻く極悪人の島流し先だ。

一見するとバカンスに最適な孤島っぽいですが、ここはかの有名な監獄・アルカトラズ刑務所があった島。サンフランシスコの沖合い3kmほどの場所にあり、霧が立ち込める岩だらけのゴッツい外観から別名「ザ・ロック」とも呼ばれています。

見えてる建造物は、いつチェックアウトできるかも分からない完全個室、3食就労付きの滞在ホテル、いわゆるクサい飯食う刑務所です。

  • ちょこっと断崖絶壁の孤島
  • 周辺海流は流れが早く、水温も低い
  • 内部は地下道なんかが入り組んでいてややこしい
  • サンフランシスコまでは近いが、諸条件が重なって脱獄しても溺死する可能性大

元々アルカトラズ島は、海鳥が多く生息する自然豊かな場所です。でも昔は周辺の陸地に住むインディアンが魚や海鳥の卵を捕獲するために、時々上陸する程度。

たける
たける

インディアンはこの島に定住しなかったの?

REON
REON

呪われた島だって考えられてたんだ。

なぜ呪われた島って思ったのかは不明ですが、アルカトラズ島は18世紀頃まで長らく定住者の居ない島でした。島に転機が訪れたのは19世紀に入ってから。

カリフォルニア州にあるシエラネバダ山脈で金脈が発見され、ゴールドラッシュの時代が到来。一儲けを目論む野郎どもの船が、我れ先にとサンフランシスコ湾に寄港し始めました。

しかしサンフランシスコ湾界隈は濃い霧が立ちこめ、航行は容易ではありません。寄港する船舶のために灯台が必要となり、アルカトラズ島の開拓が進んだんです。

  • 1852年にアルカトラズ島初の灯台が建設
  • 1853年にはサンフランシスコ湾の軍事防衛拠点として要塞に改築
  • 1861年〜1865年の南北戦争時には86砲もの大砲設置
  • 南北戦争時代辺りから、脱走兵・窃盗犯・酔っ払いを収容する留置所としても機能し始めた
  • 1906年にはサンフランシスコ地震で市内刑務所にも被害がおよび、受刑者の多くがアルカトラズ島に移送

こんな略歴を経て、アルカトラズ島は20世紀に入ってから本格的な刑務所として始動。1933年までは軍の刑務所施設、翌1934年には脱走対策も万全に格子など頑丈にして凶悪犯を収容する連邦刑務所施設になりました。

たける
たける

最初から刑務所用に島を開拓したわけじゃないんだね。

REON
REON

地の利を活かして凶悪犯を閉じ込めておくのに向いていたから、長年刑務所として活用されたってとこだな。

その後1963年まで連邦刑務所として機能し、世界で最も頑強で脱走不可能、難攻不落の悪名高きアルカトラズ刑務所 として名を轟かせています。

舞台はこのアルカトラズ島

たける
たける

今もアルカトラズって刑務所なの?

REON
REON

いや、今は廃墟と化した刑務所見学ツアーが出来る観光名所だ。

アルカトラズ刑務所は、吹きっさらしの潮風のせいで建物は老朽化。さらには孤島なので受刑者や看守などの生活物資の運搬に多くの税金が使われていたこともあり、1963年に閉鎖されました。

1971年からは国立公園へと施設を変え、一般人の立ち入りも許可されています。

引用サンフランシスコ観光局

島そのものの入場は無料ですが、クルーズ乗船やツアー料金として30ドル〜150ドル(4,000円〜20,000円弱)くらいかかりますけどね。

今や観光名所となり、国内外問わず多くの観光客が訪れるアルカトラズ島が今回の映画【ザ・ロック】の舞台 です。

実際ほんとにアルカトラズは脱獄は不可能だったのか、世界の監獄事情も交えたREONさんの雑学トリビアはこちらをどうぞ。

映画ザ・ロックのアルカトラズ刑務所は本当に脱獄不可能だったのか
映画【ザ・ロック】の舞台となったアルカトラズは、囚人たちが集う場所。刑期を終えるか模倣囚になるか、あとは何か特別な理由がないとシャバに出ることは出来ません。 が、こっそりシャバに出ちゃった脱獄囚もいることはいます。 ということで...

 

スポンサーリンク

【ザ・ロック】物語の発端は政府への不満

映画【ザ・ロック】の物語は、ひとりの海軍准将の回想から始まります。アメリカ海兵隊は、ときにいくつかの極秘任務も遂行し、国家のために身を尽くしてきました。

しかし任務にあたった海兵隊員に対する政府の対応は、あまりにひどいもの。

  • アメリカ海兵隊偵察部隊は、非合法の作戦任務に従事
  • 消息を絶つ戦況に陥っても、政府は援軍も送らず海兵隊員を見殺しに
  • その他にも、国家機密扱いで一部の関係者しか知らない戦地で尊い命を散らして戦った
  • 遺族にはでっち上げの戦死情報を提示し、慰謝料も支払われなかった
  • それどころか戦死した隊員には勲章もなく、埋葬式典すら行われなかった
たける
たける

准将はこうした極秘任務の指揮官だったの?

REON
REON

名誉負傷賞3つ、銀星章2つ、名誉勲章も貰うほど優秀で、英雄と称えられた指揮官だ。でも戦場では何人もの大事な部下を見殺しにせざるを得なかったんだ。

国防省など政府に対して何度も異議を唱えてきた准将。それでも聞く耳持たずで知らん顔をされ続け、とうとう堪忍袋の緒が切れて、反逆を企てました。

事態は一気に深刻化

政府の対応に憤りを感じた准将がどんな反逆の構想を練ったのか。

最初は武装準備から取り掛かりました。伝説的英雄の立場を利用して、海軍武器庫からとんでもない武器を強奪したんです。

  • 准将の考えに賛同する海兵隊の同志を十数名集め、テログループを結成
  • 数名は隠密に海軍武器庫に潜入するよう暗闇でスタンバイ
  • 准将自身は立場を利用し、武器庫安全確認視察と称して正面から堂々侵入
  • ちょっとしたドンパチを展開し、恐怖のVXガスミサイルを15基奪取
たける
たける

職権濫用だ。っていうかVXガスって何?

REON
REON

スプーン1杯で30メートル四方が墓場と化す、神経性の猛毒ガスだ。

VXガスでどんな被害が及ぶのかというと、結構なエグさのシロモノです。まず30秒で脳がヤラレて全身の神経が麻痺します。神経組織も毒に侵され背中に激痛が走り、体組織も破壊されて、終いにはグロテスクなゾンビさながらの様相になってあの世逝き

たける
たける

…なにその恐ろしい兵器は。

REON
REON

一発どーん!と発射して街に落下しようものなら、ほんの数分で何万人もの命が奪われるな。

准将とその仲間たちはこの殺傷能力抜群のVXガスミサイルを計15基も海軍武器庫から盗み出し、他にも機関銃やら無線機やら通信機器など、テロを起こすために必要な物資を整えました。

観光客を人質に、テロ勃発

さらに准将は、テロ行為を行うのに最適な場所としてアルカトラズ島を選びます。アメリカはニューヨークやロサンゼルス、シカゴが大きな都市ですが、その次に大都市としてあげられるのがサンフランシスコ。

そのサンフランシスコから3kmという好立地に加えて、アルカトラズ島は過去には要塞としても機能し、侵入も脱出も決して簡単ではない鉄壁の監獄です。しかも今ならもれなく観光客と言う名の人質のオマケ付き。

たける
たける

観光客は牢屋に打ち込むの?結構な人数が上陸してるんじゃない?

REON
REON

これがまた、牢獄に閉じ込められる体験が出来る!って観光ツアー内容になってるんだよ。

映画【ザ・ロック】劇中では、81人の観光客がアルカトラズ刑務所クルーズに参加しています。大人数だけれども、ツアーガイドが観光客の皆さんを勝手に檻の中に閉じ込めて、鍵までかけてくれちゃうんです。

あとは数名のツアーガイドを脅して閉じ込めれば良いだけなので、島占拠はラクラク完了。准将とその仲間たちは、最終的には総勢12人のテロリストと化し、15基のVXガスミサイルと人質を楯に、ペンタゴン(国防省)に1億ドルを要求します。

たける
たける

1億ドルって…日本円で110億円以上じゃない!

REON
REON

そのほとんどは戦場で散っていった海兵隊員の遺族への賠償金に充てるんだそうだ。

私利私欲にまみれて起こしたテロ行為ではありませんが、事態はかなり深刻です。政府は人質の命もさることながら、数万人の国民を守るためにもテロ対策特別組織を立ち上げました。

 

スポンサーリンク

【ザ・ロック】テロリストVS特殊部隊

准将とその仲間たちの要求は1億ドル。ちょっとやそっとじゃ用意出来る金額ではないのに、期日まで設けられてしまいます。

タイムリミットは40時間。もし要求が拒否されたりタイムオーバーした場合は、サンフランシスコにミサイルぶっ放す

通常毒ガスはナパーム弾で焼き尽くすらしいんですが、なんとVXガスには効果がありません。VXガスが猛毒過ぎて、ナパーム弾では無効化出来ないんです。

たける
たける

…さらばシスコよ。西海岸の風は爽やかっだったよ。

REON
REON

…たける君。サンフランシスコ行ったことないよね。

ナパーム弾での応戦は有効ではありませんが、策はないこともないんです。テルミット・プラズマという別の対ミサイル兵器でVXガスを焼きつくすことは可能。ただ、テルミット・プラズマはまだ試作段階で、未完成です。

テロを起こした准将は、VXガスミサイルに対する絶対的な反撃体制が未完であると知っていて、敢えてVXガスミサイルを奪取していました。

テロ対策特別組織としては、テルミット・プラズマの完成を急がせますが間に合うかどうかも分かりません。

打つ手なしか…と思われたこの戦況で、希望の星となったのがひとりのFBI化学兵器スペシャリスト

FBIの化学員と海軍特殊戦闘員SEALsはアルカトラズ島へ潜入し、じかにVXガスミサイルの弾道マイクロチップを取り出して発射を阻止せよ

…とこんな密命が下り、化学兵器の扱いに長けている最も優秀なFBI化学オタク&SEALsという特殊部隊が緊急招集されることになりました。

問題はもう一つ

FBI化学オタクは若干ハゲ散らかり始めてはいるものの、相当に優秀な人材です。おそらく彼の手にかかれば、大きな失敗もなくVXガスミサイルの発射を阻止出来るでしょう。

潜入特殊部隊SEALsも優秀な軍人揃い。しかし問題は潜入先の場所

たける
たける

あ!アルカトラズ!そっか。脱獄も侵入も不可能な難攻不落の元刑務所だ。

REON
REON

そう。准将たちにバレずに潜入するためのルートが全く分からん。

観光客のように船で近づくのは愚の骨頂。ならば闇夜に紛れて深夜にヘリで…と言ってもどうせ空からの侵入に備えて飛行物体探知レーダーで感知されることが予想されます。

そこでもう一人、この対テロ任務に最適だけど招集したくない人物に協力を要請せざるを得なくなりました。

  • 脱獄囚が誰ひとりとしていないと言われるアルカトラズ刑務所を、2回も脱獄し生存してるヤツがいる
  • 現在はFBIが取っ捕まえて、コッソリ別の場所で長期収監中
  • すでに還暦も過ぎてるであろう御老体

この御仁、今やすっかり白髪ロン毛になりましたが、かつてはアメリカ国内で散々スパイ活動を行なっていた元イギリス諜報部員

おそらくは合衆国政府がひっくり返るような国家機密情報を握っており、未だその在処を吐かないのでずっと独房に監禁されています。

たける
たける

誰も脱獄に成功しなかったって言われるアルカトラズから2回も脱獄!?

REON
REON

内部の秘密ルートを知り尽くしてるってことだ。

たける
たける

でもどう見てもおじいちゃんだよ?

REON
REON

…ジジィを舐めたらいかんぜよ。

イギリス諜報部員はかなり優秀なスパイ集団ですからね。ジジィといえどその鋭い眼光は未だ衰えず、行動力も若者に負けない勢いです。

特赦も用意するから協力してよ、と仮釈放されたのをいいことに早速色々やりたい放題やらかします。

  • 英国人なので、まずは紳士然とした身なりにお召し替え
  • 白髪ロン毛は似合ってるけどムサイので、さっぱり短く綺麗に散髪
  • ちょっと憎悪関係にあるFBI長官に仕返し
  • デッカくゴツいSUVハマーをチョロまかして逃亡
  • 一部始終を見ていたFBI化学オタクは、市民のフェラーリを拝借してジジィ追跡を開始

数年ぶりのシャバの空気を満喫し、どうしてもやりたいことがあったので協力すると見せかけて市内を車で大暴走するんです。

たける
たける

…確かにジジィをなめたらいかんぜよ。

REON
REON

まぁ結局は対テロ作戦に協力するんだがな。

実はジジィ諜報部員にはかけがえのない家族である一人娘がいます。サンフランシスコに在住だったので、どうしても会っておきたくて逃亡。

とはいえ長らく投獄されていたので親子関係は微妙です。家族だけれど、どちらかというとほぼ他人。そんな親子の対面現場に続々と警察車両が集まります。ジジィとのカーチェイスの末、FBI化学オタクがいち早く居場所を突き止め報告していたから。

娘には「また脱獄したんだ…」とバレてしまいますが、親子の会話を盗み聞きしていたFBI化学オタクは機転を利かせてジジィを拘束しました。

お父さんにはFBIの捜査にご協力いただいてます。では。

と、こんなニクい演出でジジィの面目を保ってやったんです。

おかげでちょっと借りが出来てしまったジジィ諜報部員は、対テロ任務に協力することになりました。

潜入成功。しかし任務は…

ジジィ諜報部員の手引きのおかげで、FBI化学オタク&SEALsはアルカトラズ島への潜入に無事成功。しかしかなりの苦戦を強いられることになっていきます。

作戦遂行が不利な状況に陥り始め、ジジィ諜報部員はこれ以上協力する由縁はないと、ここで再び逃亡を図ることに。

たける
たける

元はと言えばアメリカ政府が招いた事態だし。イギリス諜報部員には協力しなきゃならない理由もないよね。

REON
REON

でもジジィにとって、全くの無関係なテロ事件ってわけでもないんだ。

奴らのやろうとしてることは、サンフランシスコにVXガスミサイルを発射すること。それを阻止するのが今回の任務内容です。

ジジィ諜報部員には、サンフランシスコに住む大事な大事な一人娘がいます。VXガスミサイル発射を阻止しなければ娘も犠牲に。

こうして手練れのテログループ相手に不利な戦況の中、ミサイル発射を阻止するためにFBI化学オタクとジジィ諜報部員は協力しあって任務を遂行していく…というのが大まかなあらすじになります。

 

難攻不落で脱獄不可能と言われたかつての監獄が舞台【ザ・ロック】

アメリカ政府の対応に憤りを感じた海軍の英雄が、有志を集ってテロを計画。81人の人質と猛毒ガスミサイルを楯に、元アルカトラズ刑務所に立て篭もります。

有効な対策もないまま、テロに立ち向かうのは特別に編成された特殊部隊。

FBIの化学兵器スペシャリストと海軍SEALsに加え、アルカトラズから脱獄経験のあるイギリス諜報部員が監獄「ザ・ロック」を舞台にドンパチを繰り広げる予告動画はこちら↓

The Rock Trailer (HD)

amazonプライムビデオでレンタルして観る

 

スポンサーリンク

【ザ・ロック】激しいアクションを展開する登場人物たち

今作【ザ・ロック】の見どころは、かの有名なアルカトラズ刑務所が舞台になっているところ。それに加えて超有名な俳優陣が、渋い演技で大掛かりなアクションを展開しています。

激しいドンパチを繰り広げる、注目すべき登場人物をご紹介いたしましょう。

 

スタンリー・グッドスピード(ニコラス・ケイジ)

グッドスピードFBI屈指の化学研究員。わざわざ数万円も払ってビートルズのレコードをコレクトするほどのビートルズマニアでもあります。

FBIといえばバリバリに現場で捜査する国家保安部や、サイバーテロに対応する刑事・サイバー対策部なんかを思い浮かべますが、グッドスピードの所属は科学技術部。

そのせいか、銃を撃つなどの実戦経験はほぼありません。というか銃を撃ったのはFBIアカデミー時代以来ない、という若干頼りない人物です。

演じたニコラス・ケイジはカッコいいハゲ代表の俳優さんですが、まだフサフサな姿はちょっと新鮮。

映画【ハングリー・ラビット】でもフサフサ加減を残しつつ、やっぱりカッコいいアクションを披露してくれています。

【ハングリー・ラビット】正義の意味とは?ニコラス・ケイジ主演作品
この世の中はいつなんどき、誰がどのようにして犯罪に巻き込まれるかわかりません。 万が一にも犯罪に巻き込まれたら…。ささやかな幸せは崩れ去り、些細なことにも怯え、心は深い闇と絶望に満たされます。 犯罪者に対する報復や復讐。 ...

 

ジョン・パトリック・メイソン(ショーン・コネリー)

メイソンは元イギリス諜報部員で、しばしアルカトラズ刑務所に収監されてた囚人。脱獄不可能とされるアルカトラズ刑務所から2回も脱走した生存者という役所です。

アメリカ政府高官らとほぼ同年代と思しき御老体ですが、やることなすこととてもジジィには見えません。現地に行けば昔脱出に使った経路が思い出せる、ということで潜入部隊の手引きをすることに。

いくつになってもアクションが似合うショーン・コネリーが、ご老体にムチ打って激しいアクションを披露しています。

 

フランシス・x・ハメル准将(エド・ハリス)

ハメル准将は今作でテロを計画・実行する海軍将校。英雄と称えられるほど多くの武勲を挙げていますが、その分、軍の任務で苦い思いも数多く経験してきました。

国家機密扱いの極秘任務で命を落とした部下を思いやり、政府に反旗を翻すことに。

テロという決して許されない無差別殺人行為の首謀者となりますが、彼のやりきれない想いと葛藤をエド・ハリスが絶妙な表情を交えて演じています。

 

ジェームズ・ウォマックFBI長官(ジョン・スペンサー)

ウォマックは、メイソンとちょっと怨恨の間柄にあるFBI長官。とにかくFBIの名にかけて、メイソンが過去にスパイ活動で奪ったらしき合衆国国家機密を守るため、執拗にメイソンを蔑ろにしています。

ストーリーを無視して演者だけに注目すると、どう見てもコイツ悪役じゃね?なお顔立ちのジョン・スペンサーが、意地の悪いFBI長官を熱演しています。

 

…とこの他にも対テロ対策特別組織の高官たちや、銃撃戦を展開するテログループの海軍兵、特殊部隊SEALsの面々なんかも多数登場。

ストーリーにもブレがないので、なんかアクション観たいなーって時におすすめです。

 

スポンサーリンク

まとめ

囚人を留置しておくには、もう充分な機能を果たせなくなったアルカトラズ刑務所。しかしその鉄壁の要塞はテロリスト達にとっては最高の拠点となりました。

  • 英雄と言われた海軍准将が、政府への不満を募らせテロを実行
  • テログループの拠点は難攻不落の元アルカトラズ刑務所
  • とんでもない化学兵器と人質を楯にしていた
  • テロを阻止するため、脱獄経験者も交えて特殊部隊を送り込む

実はアルカトラズ脱獄経験者・メイソンがイギリス諜報部員だった、という設定はショーン・コネリーの発案です。

イギリス諜報部員といえば《007》のジェームズ・ボンド。そしてショーン・コネリーは《007》元祖ジェームズ・ボンドであり、シリーズ最高のボンド俳優でもあります。

メイソンは《007》のオマージュ的な配役だと思うと、ジェームズ・ボンドにしか見えてこなくなるかもしれません(笑)

テロリストVS寄せ集めの特殊部隊の攻防を描いた映画【ザ・ロック】は、分かりやすい敵対関係と激しいドンパチ、超有名俳優の演技が光る安心して鑑賞出来るアクション作品でした。

 

 

 

コメント

スポンサーリンク