映画【20世紀少年】浦沢直樹の漫画が原作。トラウマ必至の三部作!

まとめ

1970年代。空前のオカルトブームの中で少年たちが考えた、悪の組織と世界滅亡の空想物語『よげんの書』

彼らが大人になったとき、それが現実のものとなってしまいます。

累計2800万部を突破した浦沢直樹氏の同名マンガを、堤幸彦監督が実写映画化。

ミステリーあり、サスペンスあり、SF要素も満載。

トラウマ級のカオスを壮大なスケールで描いた本格科学冒険映画【20世紀少年】三部作をお届けします。

 

この記事で分かること

  • 映画【20世紀少年】シリーズ3本
  • あらすじ概要・予告動画・動画配信サービス
  • DVDブルーレイ情報・原作漫画情報
  • …とテーマ曲・ケンジの歌も

 

スポンサーリンク

映画【20世紀少年 -第1章-】

 

映画【20世紀少年 -第1章】は、小さい頃の遊びが現実になり、世界の終わりが始まる物語。

アラフォーになった主人公とその幼馴染みたちが、世界征服の野望に巻き込まれてしまいます。

 

  • 約30年ぶりに小学校の同窓会が
  • そこへ参加したケンジは奇妙な話を聞いた
  • 「トモダチ」なる人物が人々を洗脳し、良からぬことをしてるらしい
  • しかもその教団シンボルが、ケンジたちが考えた目のマークと同じ
  • さらに『よげんの書』通りの惨事が続発

 

20世紀の終わりに悪の組織が現れて、殺人ウィルスがばら撒かれ、人類滅亡の危機をヒーローが救う…。

当時小学生だったケンジたちの空想物語『よげんの書』が再現され、「血の大みそか」と呼ばれる大量虐殺テロまで起こってしまいます。

裏で暗躍する謎のマスク人物「トモダチ」と、ケンジたちや『よげんの書』との関係は?

日常が非日常へと姿を変え、空想が現実となった真相を探るSF冒険譚の序章。

 

 

スポンサーリンク

映画【20世紀少年 -第2章- 最後の希望】

 

映画【20世紀少年 -第2章- 最後の希望】は、「血の大みそか」から15年後を描いた続編。

多くの犠牲者が出たあの日ケンジは生死不明に、そして「トモダチ」が世界的英雄となった新世界が舞台です。

 

  • ケンジたちは悪魔のテロリスト扱い
  • 「トモダチ」は人類滅亡を阻止した救世主扱い
  • 日本は「トモダチ」中心の独裁国家となり、逆らう者は洗脳された
  • 「トモダチ」の正体を暴くため、かつての仲間とケンジの姪カンナが動き出した

 

反抗的な問題児が送られる施設 “ともだちランド”

カンナの出世の秘密・殺人ウィルスの誕生秘話。

実は続きがあった『しん よげんの書』など。

明かされる謎・増える謎、「トモダチ」の策略が新たなる滅亡に繋がる第2章。

 

 

スポンサーリンク

映画【20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗】

 

映画【20世紀少年 -第3章- ぼくらの旗】は、人類滅亡最大の危機と「トモダチ」の正体が明かされる最終章。

『しん よげんの書』によって神となった、「トモダチ」のさらなる暴走が描かれています。

 

  • 2015年。悪のセールスマンによって全人類の3割(20億人)が犠牲に
  • 生き残った人々は「トモダチ」の統治下に置かれ、東京には高い防壁が
  • 壁の内側はまるで昭和の街並み、贅沢も禁止
  • 「トモダチ」に反発する者は、地球防衛軍が厳しく取り締まり
  • カンナや昔の仲間たちは反政府ゲリラとして武装蜂起
  • そんな中「トモダチ」が新たな予言を

 

宇宙人の襲来により、世界は滅びるだろう…。

8月20日ケンジの誕生日に、世界征服を成し遂げようとする「トモダチ」

1970年の大阪万博・夏休み・駄菓子屋・地球防衛軍バッチ・いじめ。

過去の回想から、この世界が生まれた理由・ケンジと「トモダチ」との関係・その正体がついに明かされます。

生死不明だったケンジの参上、滅亡の危機を救う歌。

全ての謎が解き明かされ、世界の平和とシンボルマークの旗を取り戻す完結編。

 

 

スポンサーリンク

映画【20世紀少年】テーマ曲とケンジの歌

 

映画【20世紀少年】には、三部作共通のテーマ曲があります。

それがT.レックスの「20 Century Boy」

1973年リリースのこのシングルは、当時の日本盤の発売元・東芝EMIのスタジオでレコーディングされた、日本と縁のある1曲です。

浦沢直樹氏のマンガ【20世紀少年】は、この曲からインスピレーションを受けて誕生したそうな。

ケンジや「トモダチ」の生き様に、大きく影響を与える重要なフォークロック曲。

 

T.レックス / 20 Century Boy

T.Rex 20th Century Boy

 

映画【20世紀少年】劇中歌・ケンジの歌

映画のラストで流れるケンジの歌は、浦沢直樹氏が作詞・作曲した「Bob lennon」(ボブレノン)

浦沢氏曰く、こんな誕生秘話があるそうで↓

  • 「血の大みそか」を途中まで書き上げ原稿を提出
  • 次は新宿ビル群の爆破シーンを描く予定
  • …というその時、テレビからワールドトレードセンターに飛行機が突っ込む映像が
  • 事故ではなかった9.11事件を受けて、新宿ビル群爆破シーンを自粛することに
  • その晩、浦沢氏が犬の散歩に出かけたところ、どこからともなくカレーの匂いが
  • きっと9.11の被害に遭った人たちも、家帰ってご飯食いたかっただろうな…
  • という物悲しさから、ふとこの歌詞とメロディが浮かんだ

元々は、完全に9.11追悼のために作った歌。

あたり前の日常が、あたり前であって欲しいという願いのこもった1曲です。

劇中では、トモダチの暴走を止められる唯一の人物・ケンジが歌うことで、人々が絶望の先に希望を見出す救いの歌となっています。

今のご時世だからこそ、改めて聴きたくなる名曲。

 

遠藤ケンジ(唐沢寿明) / Bob lennon↓

Kenji Endo – The Million Dollar Band Medley (Bob Lennon) Gutalala-Sudalala

 

浦沢直樹バージョン / Bob lennon↓

Naoki Urasawa – Bob Lennon – Kenji Song from 20th Century Boys – Japan Expo 2012

 

…ということで、映画【20世紀少年】三部作をお届けしました。

見どころは、緻密な展開・「トモダチ」のカルト的な魅力・こんなトラウマ級の描写↓

  • 目のマーク
  • 忍者ハットリくんのお面
  • 第1章から血が激しくブッシャー
  • トモダチを狂信する一般国民たち

3本観て初めて結末がわかる…という、もどかしい話のスピードが、心を静かに侵食していきます。

それはトモダチへの恐怖、信者の意識への恐怖、じわじわ刷り込まれていく非現実感への恐怖。

どこか垢抜けない、昭和の色を残したSFチックな世界観も、恐怖を煽るいいスパイスになっています。

うだつの上がらないオッサンが世界一の大悪党に仕立て上げられ、最後には世界を救うヒーローになる。

この壮大な世界観に引き込まれ、なんなら原作も読んでみたい!

…と思っていただけたら、恐悦至極にございます。

 

原作マンガの作者・浦沢直樹氏は、コミックス売り上げ累計1億部突破!の超大物漫画家さんです。

代表作である『MASTERキートン』『MONSTER』『20世紀少年』は、私のマンガ蔵書のひとつ。

どの作品も画力・描写力・世界観構築力がハンパなく、読み応え抜群なんですよね。

映画とは結末がちょっと異なる原作マンガ《20世紀少年》と、その後を描いた《21世紀少年》もぜひ↓

 

あれこれ観るならU-NEXTがオススメ!

ちょっと勇気のいる金額の月額料金だけど、その分なんでも揃ってるU-NEXT。

無料トライアルを試した場合でも、有料作品を観るのに必要なポイントが貰えるという点も大きな魅力です。

【こんな方にぴったり】

とにかくたくさん観たい・珍しいマニアック作品に出会いたいあなた

【こんなサービス内容】

  • 見放題動画は約19万本。日本最大級のラインナップ
  • 月額料金は¥2,189(税込)。毎月有料新作2本分の1,200pt付き
  • 31日間無料トライアルあり。しかも新作1本分の600ptのオマケ付き

配信数も日本一、サービス精神も日本一。

国内最大級を謳う動画配信サービスU-NEXTの凄さ、まずは無料で体験できるので試してみてくださいね。

31日間無料トライアルU-NEXT

まとめ

PVアクセスランキング にほんブログ村

れおんの言霊

コメント